fbpx

日経平均452円高 25日移動平均線まであと203円に迫る=山本伸一(4/13)

日経平均株価は大幅続伸。大台16,000円奪回から上値を伸ばす展開となりました。パラボリック買い転換とチャート改善も確認されています。(『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』山本伸一)

日経平均株価終値は、452.43円高の16,381.22円

日経平均は452円高 大台突破から上値伸ばす大幅続伸

昨晩の米国市場は上昇。原油相場の上昇とともにエネルギー関連物色を集め、相場を押し上げています。

ダウ平均株価は、前営業日比164.84ドル高の17,721.25ドル。ナスダック総合指数は38.69ポイント高の4,872.09ポイントで取引を終えました。

為替相場では、原油相場上昇、株高とともにドルが見直される流れ。東京時間帯早朝では1ドル108円台半ば、1ユーロ123円台半ばの水準で取引されています。

東京株式市場では、米国株高、円安推移を好感した買いが優勢。日経平均株価始値は16,142円の続伸スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が大台16,000円奪回を果たし、戻り売りをこなして上値を追う動きを見せました。

後場では、節目16,400円に乗せる場面もあるなど、戻り売りをこなして高値を保つ動き。大引けまで締まった値動きとなっています。

日経平均株価終値は、452.43円高の16,381.22円。東証1部の売買代金は概算で2兆3482億円。東証1部の売買高は概算で22億5,541万株。値上がり銘柄は1,683(86%)に対し値下がりは195(9%)、変わらずは73(3%)となりました。

期待通りに上値志向強める 個別視点で活躍銘柄の選別を

外部要因改善とともに買い気を強め、調整一巡感の高まった本日の株式相場ですが、株価指数も出直りを鮮明にするなど、上値を目指す流れが強まる格好。物色傾向も中核銘柄のほか、値動きの良い銘柄にも資金が向っています。

日経平均株価は大幅続伸。大台16,000円奪回から上値を伸ばす展開となりました。パラボリック買い転換とチャート改善も確認されています。

さて、前営業日配信版では「大台奪回から上値志向強まるか 選別物色対象を見極めろ」と題していました。

相場方向性を見極めるための下値メドとしてSQ値15,507.59円、上値メドは大台16,000円と紹介。前営業日(4/12)には買い直されたものの、大台奪回を果たせず。ただ、上向きに転じた5日移動平均線(15,926.50円)をサポートに大台奪回を試していく流れを指摘していたと思います。

外部要因改善を追い風に買い気を強めると、立ち上がりから上値メドとなっていた大台16,000円を奪回。戻り売りをこなして上値を追う動きとなるなど、相場方向性も上向きに転じてきました。明日(4/14)以降は上方に控える25日移動平均線(16,584.32円)などとの位置関係を探っていきたいところです。

Next: 中核銘柄の見直し強まる バイオなどテーマ関連人気も継続

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい