fbpx

日経平均452円高 25日移動平均線まであと203円に迫る=山本伸一(4/13)

中核銘柄の見直し強まる バイオなどテーマ関連人気も継続

指数大幅続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>のメガバンクが好調。指数を押し上げています。

また、トヨタ<7203>、日立<6501>、日産自動車<7201>の外需関連、ハイテクの村田製作所<6981>、為替感応度の高い富士重工業<7270>、マツダ<7261>なども活況。NTT<9432>、KDDI<9433>、三菱地所<8802>の内需関連も堅調でした。

売買代金上位では、バイオ関連の小野薬品<4528>、グリーンペプタイド<4594>、そーせいグループ<4565>、新興軽量級のジグソー<3914>、決算銘柄の良品計画<8766>なども賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落で全業種が上昇。値上がり上位には保険、海運、非鉄、鉄鋼、鉱業、機械、銀行、ガラス土石、その他金融、輸送用機器、化学などが並びました。

値上がり下位には、水産農林、陸運、紙パルプ、空運、電気ガス、サービス、建設、証券先物、倉庫運輸、食料品などとなっています。

個別では、決算銘柄の津田駒工業<6217>、オリコ<8585>、ダイト<4577>、イワキ<8095>、ニッケ<3201>、格上げのコメリ<8218>などが物色されました。

新興市場では、全市場の売買代金上位に進出したそーせいグループ<4565>、ジグソー<3914>、グリーンペプタイド<4594>、アカツキ<3932>らが好調。インベスターズクラウド<1435>、ブランジスタ<6176>、UBIC<2158>、サン電子<6736>、ドーン<2303>、日本エマージェンシーアシスタンス<6063>などが賑わっています。

Next: 本日の注目銘柄:日経レバレッジETF、村田製作所、良品計画

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい