公明党市議団の「大バクチ」に破壊される大阪市と日本の未来=内閣官房参与 藤井聡

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年2月28日号より
※本記事のタイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】さらに貧困化する日本人。「エンゲル係数急騰」本当の理由=内閣官房参与 藤井聡

【関連】大阪人はなぜ「維新」に惹かれるか~橋下徹の東京コンプレックス戦略=藤井聡

公明党・大阪市議団は自らのエゴで「大バクチ」を打とうとしている

現実味を帯びてきた「大阪都構想の住民投票・再チャレンジ」

今、大阪ではいわゆる「都構想」すなわち「大阪市廃止解体構想」の「住民投票・再チャレンジ」がにわかに現実味を帯び始めています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2R3V2SK2RPTIL005.html

なぜなら、「公明党・大阪市議団」が、住民投票の実施に「賛成」する見通しが出てきたからです。

そもそも「都構想」が実現されれば、「大阪市が廃止」されます(これは、定義上確定した事項です)。一方で、「住民投票」がなければもちろん、「大阪市の廃止」ということが起きるはずはありません。ということは、「公明党・大阪市議団」は今、「大阪市が廃止」される「恐ろしいリスク」を産み出している、ということになります。

ちなみに、このリスクを「恐ろしい」と見なしているのは、他ならぬ「公明党・大阪市議団」です。なぜなら彼らは公式に、都構想それ自身に「反対」を宣言しているからです。
https://www.komei-osaka.jp/blog/2015/01/005408.html

――ではなぜ、「公明党・大阪市議団」は、そんな「恐ろしい」リスクを産みだそうとしているのでしょうか?

大阪都構想が日本を破壊する』という書籍を出版し、未だに、その時の基本主張を一切変更していない筆者にとっては、この「公明党・大阪市議団」の振る舞いは、到底看過できるものではありません。彼らの振る舞い一つで、大阪が破壊され、日本が破壊されるという恐ろしい帰結がもたらされかねないからです。

ついては、本稿では、あくまでも公益・国益という「公共的視点」から、公明党支持者を含めた日本全国の国民の皆様に、この「公明党・大阪市議団」問題を解説差し上げたいと思います。

Next: 住民投票の結果が覆される「異常事態」が大阪で起きようとしている

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい