居酒屋も禁煙へ。進むタバコ規制の中で「JT株」が輝きを増す理由=八木翼

飲食店を2019年9月までに原則禁煙とする健康増進法改正案が検討されるなど、喫煙者の肩身がますます狭くなっていく昨今。タバコを吸う人が減り続け、JTは苦境に立たされているように見えます。しかしこの企業、実は海外展開に積極的で、日本の売上よりも海外の売上の方が圧倒的に大きいのです。さてさて、今後JTはどうなっていくのでしょうか?(『バフェットの眼(有料版)』八木翼)

会社名:日本たばこ産業<2914>
現在株価:3,805円(2017年2月24日終値)

※『バフェットの眼(有料版)』では、読者からのリクエストも踏まえ、毎号さまざまな企業を詳しく分析しています。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

JT(日本たばこ産業)の企業価値をバフェット流12の視点で分析

喫煙者の減少が続くなか、JTは成長できるのか

JTは実は海外展開に積極的で、日本の売上よりも海外の売上の方が圧倒的に大きい企業です。今後JTはどうなっていくのでしょうか? 個人的には素晴らしい企業だと思っており、既に株を保有していますが、買い増すべきなのか?考えてみたいと思います。

Q1:その企業は消費者独占力を持っているか

日本での売上高シェア59.9%(2015年)。世界での売上シェアのはっきりした数値は出ていませんが、2014年時点で第3位となっています。

これだけ世界に進出できている会社は、世界にそうそうないでしょう。たばこ愛好者は、自分の吸うたばこに深い愛着を持ちます。消費者独占力を持っているのは間違いありません。

Q2:その企業を理解しているか

売上を見てみましょう。

2014年(単位:億円)
全体売上 :24,335(100%)
国内たばこ:6,859(28.1%)
海外たばこ:13,280(54.5%)
医薬事業 :658(2.7%)
飲料事業 :1,813(7.5%)
加工食品 :1,612(6.6%)

こう見ると、一目瞭然ですが、海外たばこ産業が売上の多くを占めていますね。グローバルの視点で見れば、これだけ海外に進出している企業は珍しいです。

Q3:その企業の製品・サービスは20年後も陳腐かしていないか

ここは少し怖いところですね。タバコの利用者は明らかに減っていますので、絶対になくなっていないなんてことは言えません。今後日本で、回復していくことは難しいでしょう。

ところが世界での喫煙者数は、実は増加し続けています。1980年の7億2100万人が、2012年は9億6700万人になっています。10億人は超えそうです。そう考えれば、海外でのシェアもあるので、まだまだ成長余地があると言ってもいいでしょう。

現在、JTは世界第3位と言われています。積極的なM&Aを武器に、たばこ業界で確固たる地位を築いています。

今思えば、これほどブランドが重視されている業界を私は知りません。健康への害が懸念されていますが、それでも根強い人気を持っているのは、ブランドが確立されているからです。

今後も安定した推移が期待できます。そして、矛盾することを言うようで恐縮ですが、なんといっても期待されていないのがいいですね(笑)。

また、現在は、電子タバコの普及が確実視されています。体内に含むと有害とされる物質の一つであるタール部分がなくなったため、吸いやすく、以前よりも健康的になっています。

そう考えれば、今後、タバコは健康的なものへとシフトする可能性すら秘めているのです。ある意味、期待できます。既にそういったタバコも存在するようです。今後に期待ですね。

Next: 日本の企業とは思えないJTの好業績、その秘密とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー