「年収350万、若い女性と結婚したい」40代の婚活男性がハマる罠とは?=山本昌義

昨今は空前の婚活ブームで、ますます結婚が難しい時代です。中年婚活男性が陥りやすい罠について、婚活FPとして相談を受けた実例をもとに解説します。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

孤独な中年が思い描く「漫画みたいな恋と結婚」現実には厳しく…

実例その1:若い女性と結婚できたら幸せになれる?(男性・40代前半)

40代前半の独身男性から「出会い」についての相談を受けました。「気に入られるのは同年代ばかり。もう若い女性との結婚はムリでしょうか?」という内容です。

何でも、いまだに稀に好意的な出会いがあるが、どうしても若い女性への願望が捨てきれず、いつも断ってしまうとのこと。ちなみにこの男性は、正社員ながら年収約350万円、その他の取り柄は特にナシ…といったところ。

このような「願望が下げられない婚活」について考えたいと思います。

さて、まずは基本的なことですが「都合の良い夢を見る程に、現実は厳しくなる」点をしっかり理解しましょう。

確かに、婚活支援をしている私から見ても、最近は昔に比べて年の差婚は増えた気がします。某芸能人の結婚以後でしょうか。しかし、この某芸能人の例でもそうですが、年の差婚を成立させるためには、基本的に「年齢差を超える何らかの魅力」が必須です。代表例は、やはり年収職業でしょうか。

そしてこれは、年の差があるほどに必要です。つまり、30代後半頃でもムリだった訳ですが、今の年齢なら「さらに必要」となります。もちろん今後は「より必要」です。

また、今はかろうじて出会いもある様子ですが、以後はその出会いも、グッと減るでしょう。もちろん若い女性を狙うのは自由です。ただし、その代償もしっかり意識しましょう。

本当に「若い子でないなら結婚しなくていい」のか。この機会にじっくりと考えてみてください。

若さにこだわると、それ以外を無視しがちになる

合わせて大事なことなのですが、「若さ以外を無視しがちになる傾向」にも、ちゃんと気をつけてください。

実際問題、仮に若い女性と結婚できたとして、本当に良い夫婦関係を築けるでしょうか?

少なくとも私は、相談役として、若い女性や可愛い女性と結婚したにも関わらず、離婚したがる男性と何度も会ってきました。もっとも、逆にイケメンや高年収の男性と結婚して、離婚した女性ともたくさん会いましたが…。

結果論からの逆算になりますが、結局、長く夫婦関係を成立させるのに、年齢や年収はあまり役に立ちません

そもそも、仮に若い女性と結婚できても、いずれその女性も年老いるわけですが、そうなっても愛する自信はありますか? 離婚して、また若い女性を探すのでしょうか?

また、年齢差があるほどに頼られるのが基本ですが、特にお金の面で、耐えられますか? 残念ながら、経済的にムリでは?

人間関係は相手あっての物種ですし、自分が求めるほど、相手にも求められるのが基本です。求められる視点、選ばれる視点も意識してぜひ婚活に励んでいきましょう。

Next: その2:失敗続きで疲れた。私は結婚できないんでしょうか?(男性・30代後半)

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい