fbpx

同じ給与でも雲泥の差。お金が貯まる人が「就業規則」と「賃金規定」を読む理由=川畑明美

給与は同じでも、貯められる人と貯められない人がいます。その違いはどこにあるのでしょうか?30歳で1,000万円を貯める人がいる一方、20万円のリボ払いを払い続ける人がいます。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

【関連】この春、お得な決済手段はカード二刀流+スマホ決済!プロが選んだベストな組み合わせ4種。注目の最新カードとポイント還元率を上げる裏技も=岩田昭男

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

給与は同じでも資産に差

給与は同じでも、貯められる人と貯められない人がいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

まず、収入を少しでも増やす努力が必要です。

そして月々の収支は「自分の稼ぎ」が「自分の生活費」よりも上回るようにしなければなりません。

自分の稼ぎから、少しずつ貯蓄をして家電の買い換えや引っ越し、結婚式の出席など、いきなりやってくる大きな出費に備える必要もあります。

「リボ払い」はもってのほか

この大きな出費を支払うほどの貯蓄がなくて、お金を借りてしまうと、簡単に返せるとは限りません。

例えば、20万円をクレジットカードで支払ったとします。

月1万円を貯金することに四苦八苦する人にとって、20万円は大金のはずです。

ですが、多くの人は「リボ払い」で簡単にお金を借りて購入したりしています。

貯金体質でない人は、返済に1年以上は要するでしょう。

返済の負担は想像以上に大きいのです。

会社員なら「年収を増やすルール」を調べる

まず、あなたがしなければならないのは収入を増やすことです。

「就業規則」や「賃金規定」をみれば、社内で年収を増やすルールをがわかります。

残業代が正しく支払われているのか?退職金の金額がいくらなのか?

そもそも、そこが分からないと人生の計画ができません。

Next: 貯蓄を続けるコツは「ちょっと先の費用」を想像すること

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー