fbpx

「#無観客より無韓国」との声も。五輪選手村で“反日横断幕”掲示、福島産食材のあからさまな忌避で再び広がる嫌韓ムード

東京五輪参加のために来日している韓国選手団が、選手村に「反日」を想起させる横断幕を掲げたと東京スポーツが伝え、多くの怒りの声があがる事態となっている。

記事によると、韓国選手団は選手村の建物の3フロア分のベランダの壁面に、大きな韓国国旗を数多く掲出。さらに、豊臣秀吉の朝鮮出兵に抵抗した「反日英雄」である李舜臣の言葉をもじった横断幕を掲げているという。

大韓体育会のスタッフは「代表選手たちを盛り上げるために、このフレーズを応用した横断幕を準備したのだ」と語っているとのこと。反日の象徴を持ち出して、日本と当時の朝鮮の間の戦争に関連した言葉を選手村に掲げたことは大きな波紋を呼びそうだ、と東スポは懸念している。

五輪の政治利用を放置するJOCや政府にも批判の声が

今に始まった話ではない韓国による「反日」活動だが、ここに来てその動きが活発化しているのは、東京五輪・パラリンピック組織委員会のホームページの日本地図に、竹島が掲載されていることが韓国国内で報道されたのも、1つのきっかけとなっているようだ。

コロナの報道や五輪開催の是非で持ちきりだったこのところ日本では、あまり話題にはならなかったのだが、どうやら「聖火リレー」のルートを記した地図に竹島が載っているとのこと。実際にサイトをチェックしてみたところ、画像を思いっきり拡大してみて、ようやく竹島がある個所にぼんやりとそれらしき島影があるのが見える。

これらの出来事もあって東京五輪への反対機運がさらに高まっている韓国国内では、ここに来て一部の民間団体が国際オリンピック委員会(IOC)の100人を超える委員に対して、「旭日旗の使用や、独島を日本の領土と定めようとする日本政府の動きが尋常でない」などと訴えた抗議文を送付する動きが。さらに、反日活動家として有名な韓国の大学教授であるソ・ギョンドク氏も、東京オリンピック通じて「旭日旗=戦犯旗」であることを全世界に知らせる活動を行うと宣言するなど、本来なら認められないハズである「五輪を通じての政治的宣伝活動」をやる気満々なようなのだ。

今回の韓国選手団による「反日横断幕」も、そういった韓国国内でのムードが色濃く影響したもので、そのノリを五輪の選手村に持ち込んだといったところなのだろうが、当然のように日本国内のSNSでは「五輪を政治利用」「五輪憲章違反だ」などと猛反発が。また、そのような状況を今のところ放置しているJOCや日本政府に対しても、苦言を呈する声もあがっている。

さらに、この件を報じているのが今のところ東京スポーツなど一部のスポーツ紙のみに留まっている点に対しても、「報道しない自由」などと批判が噴出するなど、批判の矛先は多方向に広がっている状況だ。

SNS上では「#無観客より無韓国」との声も

さらにこの「反日横断幕」以外でも、韓国選手団のふるまいで反感を買っているのが、福島産の食材を忌避する行動だ。

報道によると、韓国選手団はオリンピック・パラリンピック会期中、選手村から車で20分の距離にあるホテルを借り切り、そこの調理施設を利用して独自に弁当を作って選手団に届けるとのこと。食材は現地・日本で調達するものもあるようだが、福島県で生産された食材はすべて避けることにし、さらに放射性セシウムを測定する線量計で食材を確かめてから使うのだという。

東日本大震災によって被害を受けた原発から出る処理水を海洋放出することに対して、国を挙げて猛反発している韓国。日本国内の放射能による汚染ぶりを声高に主張している手前、福島産の食材は受け入れられないという、ある意味での政治的アピールとも取れる行動だが、これに対しても日本国内からは「福島へのヘイト行為」だと、多くの批判の声があがる。

そもそも、一時は放射能汚染などを理由に「東京五輪をボイコットする」と息まいていたにも関わらず、いつの間にかその拳を降ろして参加を決めたものの、今のところやっていることは政治的アピールばかりの韓国。それに対してネット上では「何しに日本へ?」との声があがるとともに、「#無観客より無韓国」なるハッシュタグが流行の兆しをみせるなど、日本国内での「反韓ムード」はここに来て高まるばかりだ。

利権まみれな汚い裏側をこれでもかと見せつけられたうえに、コロナ感染拡大が収まらないなかでの開催が必至。さらに隣国による反日アピールの活発化という、「平和の祭典」とはまるで程遠い状況に、なんだかもう純粋に楽しめなくなる……そんなウンザリといった心持ちの方は相当多いのではないだろうか。

Next: 「バッハにこの件聞かないの?」

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー