fbpx

東京23区のコロナ感染率1位は何区?繁華街だけじゃない意外な危険地域=姫野秀喜

繁華街ほど感染者数が多いという結果に

次に多いのが、9位の「世田谷区」です。ギリギリ3%は超えなかったものの、感染者割合は2.9%とかなり高い水準です。

10位の「品川区」、12位の「千代田区」などは都心ですし、杉並区も都心へのアクセスが良いため感染者割合は、2.6%超と高めに出ているのでしょうか。

13位~17位は感染者割合が2.5%台で、荒川区、葛飾区、大田区、墨田区、北区の順。
18位~21位は感染者割合が2.4%台で、江戸川区、板橋区、江東区、足立区の順となっています。

最も感染率の少ない優秀な同率1位の区はどこ?

そして、23区内で最も優秀なのは、どちらも2.2%台をキープしている文京区、練馬区です。

新宿(1位)、渋谷(2位)、池袋(4位)などの繁華街や、港区(3位)、中央区(7位)、千代田区(12位)、品川区(10位)など、都心エリアが上位に来るというのは予想できていましたが、意外だったのが、高級住宅が多い目黒区(5位)や世田谷区(9位)の方が、足立区(21位)よりも圧倒的に感染者割合が多かったことです。

2020年のコロナが始まったばかりの時に、東京23区東側のパチンコ店や飲み屋さんが叩かれまくっていましたけど、それでも、足立区は感染者割合が2.4%に留まり21位でした。

また、なんとなくしっかりしたイメージを持つ文京区は、やはりイメージ通りしっかりしていました。そんな文京区と互角の練馬区も、住宅街としてコロナ感染者割合の低いとても優秀なエリアでした。

23区の人口に対し、コロナ感染者割合で見ると、文京区と練馬区が最も安全な地域ということがわかりました。

【関連】2021年の不動産市況を大予測!マイホームは“買い”か“待ち”か=姫野秀喜

【関連】大家さんに我慢を強要。コロナ家賃滞納を正当化するアンフェアな日本社会=姫野秀喜

【関連】こうやって私たちは不動産屋に騙される。『やってはいけない不動産投資』書評=姫野秀喜

【関連】住み続ける地獄。『すべてのマンションは廃墟になる』書評=姫野秀喜

【関連】べらぼうに増えた日本の空き家、所有者に代わって「税金で解体する」のが正しい理由=姫野秀喜

image by:ESB Professional / Shutterstock.com

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2021年9月6日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー