fbpx

日経624円安「ブルームバーグショック」日銀追加緩和見送りで失望売り進む=山本伸一

4月28日(金)の日経平均株価は4日続落。反発スタートも金融政策をきっかけに崩れ、高値から900円超の下落を余儀なくされました。5日移動平均線(17264.32円)や大台17,000円を割り込み、25日移動平均線(16,629.90円)近辺まで水準を落としています。(『プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。』山本伸一)

日経平均は16,666.05円 金融政策失望で後場に崩れ4日続落

日経平均は624円安 日銀政策「現状維持」で急落

4月28日(金)の東京株式市場では、米国金融政策確認後の米国株高、円安推移を好感した見直し買いが先行。日経平均株価始値は17,438.99円の反発スタートに。寄り付き後は、日経平均株価が5日移動平均線に乗り直し、金融政策期待の買いを伴って堅調展開。節目17,500円台に乗り直していました。

ただ、昼休みに伝わった日銀金融政策決定会合の政策声明は「現状維持」となり、午前では期待先行の動きが見られていたことから、昼休みのない日経平均先物が急落。為替相場でも円高推移が確認されており、後場寄りから急落。大台17,000円を割り込み、下げ幅は600円を超えています。

【特集・黒田ショック】 急速な円高株安、連休明け1万6000円割れも

日経平均株価終値は、624.44円安の16,666.05円。東証1部の売買代金は概算で3兆1868億円。東証1部の売買高は概算で31億5932万株。値上がり銘柄は228(11%)に対し値下がりは1681(86%)、変わらずは41(2%)となりました。

日経平均株価  15分足(SBI証券提供)

日経平均株価 15分足(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

25日線割れ目前

日経平均株価は4日続落。反発スタートも金融政策をきっかけに崩れ、高値から900円超の下落を余儀なくされました。5日移動平均線(17,264.32円)や大台17,000円を割り込み、25日移動平均線(16,629.90円)近辺まで水準を落としています。

中核銘柄は軒並み安

金融政策失望による後場からの指数大幅続落とともに三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>のメガバンクが軟調。円高推移とともにトヨタ<7203>、ソニー<6758>の外需関連も安く、指数を押し下げています。

日経平均株価構成比率上位では決算売りに見舞われたファナック<6954>が安く、ファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>も相場調整とともに売り込まれており、指数レバレッジETFの日経レバレッジETF<1570>も大幅安。一方、日経ダブルインバース<1357>は買い進まれました。

売買代金上位では、決算銘柄の任天堂<7974>、野村ホールディングス<8604>、デンソー<6902>が売られた半面、米販売車の燃費データは正確と伝わった三菱自動車<7211>、決算再評価のアルプス電気<6770>、花王<4452>、キーエンス<6861>、富士フイルム<4901>などが物色されています。

セクターでは、業種別株価指数騰落で全業種が下落。値下がり上位に証券先物、銀行、海運、保険、鉄鋼、その他金融、不動産、その他製品、輸送用機器、ゴム製品、紙パルプなどが並びました。

一方、値下がり下位には水産農林、小売、空運、電気ガス、化学、電気機器、情報通信、ガラス土石となっています。

個別では、富士フイルム<4901>、花王<4452>、日本航空電子工業<6807>、富士電機<6504>、カワチ薬品<2664>など決算銘柄が買われました。

新興市場では、UBIC<2158>、LITALICO<6187>、CRIミドルウェア<3698>、アウンコンサル<2459>、アスコット<3264>、チエル<3933>、ジャパンティッシュ<7774>、ガーラ<4777>などが賑わっています。

Next: 注目銘柄/週末のシカゴ日経先物は1万5860円、さらに下げ幅拡大

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい