fbpx

中国仮想通貨「全面禁止」でもビットコインは死なず。超大口投資家が強気を維持するシンプルな理由=高島康司

中国の暗号資産全面取引禁止が発表されたことで仮想通貨相場は一時急落したが、すぐに発表前の水準を回復。ビットコインの大口投資家はまったく気にかけておらず、「ビットコインを殺すのは難しい」など強気な発言が相次いでいる。(『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』高島康司)

【関連】ビットコインの過激な楽観論「2038年に10億ドル突破」は本当か?試金石はエルサルバドル法定通貨化=高島康司

※本記事は『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2021年10月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※毎週土曜日16:00よりLIVE配信予定「私たちの未来がどうなるか考える!メルマガ内容の深堀りと視聴者からの質問に答えるQ&A」
世界中から情報を収集、分析し、激変する私たちの未来を鋭く予測する『ヤスの備忘録』でおなじみ、ヤスこと高島康司さんのライブ配信がついにスタート。世界の未来を、政治経済の裏表だけでなく、歴史、予言、AI、陰謀、スピリチュアルなどあらゆる角度から見通します。視聴方法はこちらから。

中国による暗号資産「全面禁止」後の状況

9月24日に突然と発表された中国による暗号通貨の全面的な取引禁止は、ビットコインを中心とする主要なコインの相場にはさほど大きな影響を与えなかった。

市場はこの禁止をすでに織り込み済みであったことが、基本的な原因だろうと思われる。

いまビットコインは530万円台で推移しており、全面禁止発表直前の水準に戻った格好だ。

チャマス・パリハピティヤによる楽観的な見通し

そのようななか、今後のビットコインの相場展開について、代表的な大口投資家から楽観的な見通しの発表が相次いでいる。

そのひとりはインドを代表するビットコインの大口投資家、チャマス・パリハピティヤだ。パリハピティヤは宇宙旅行会社、「Virgin Galactic」の会長であり、NBAのチーム、「Golden State Warriors」のオーナーでもある。

パリハピティヤは、このほど開催された「Delivering Alpha」というカンファレンスにおいて、CNBCのレポーター、スコット・ワプナーに次のように述べた。

「ここに座っている私が価格予測をするのは非常に難しいが、自信を持って言えるのは、ビットコインは事実上、金に取って代わったということだ。ビットコインは今後もそうなり続けるでしょう。そして、その時価総額は拡大していくでしょう」。

また、各国の金融当局によるビットコイン規制の強化によってビットコインは消滅させられるのではないかという懸念に対して、次のように述べた。

「私は、ビットコインを殺すのはとても難しいと思います。技術的には非常に難しいと思います。ビットコインのアーキテクチャは、これまで見てきたインターネットの中で最も深遠なものです」。

パリハピティヤは、中期的なインフレを非常に懸念していて、年率50%以上の成長を遂げている企業などのハイパーグロース資産、鉱山株などのキャッシュジェネレーション資産、そして暗号資産の3つを保有したいと主張した。

そして後者のカテゴリーには、ビットコイン、ソラナ、デソ(分散型ソーシャルメディア)があり、多くの「DeFi」のプロジェクトも、これらすべてのものに対する素晴らしい直観的なヘッジになるとした。そして、これらの暗号通貨が今後も上昇することを強く示唆した。

Next: 電力問題も解決間近?大口投資家たちは強気継続

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー