fbpx

4年で80万円増!“所得ターゲット”へと転換した「アベノミクス2.0」=藤井聡

安部総理は昨年9月、新アベノミクスにて「600兆円経済の実現!」を宣言されました。これは、理論的には「NGDPターゲット」政策を宣言したことを意味します。

NGDPターゲットとは、「名目GDPターゲット」というもので、まさに、名目GDPの数値目標を立てる政策。これは「名目所得ターゲット」とも言われますから、平たく言えば、単なる「物価ターゲット」ではなく、「所得」ターゲットを宣言したということになります。なぜなら、名目GDPは、国民の様々な所得の合計値でもあるからです。

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2016年5月10日号より
※本記事のタイトル・リードはMONEY VOICE編集部によるものです

安倍総理に勝算あり?「4年後に国民所得を約80万円増やす」宣言

600兆円経済の実現を政府が「可能」と考える根拠

現在のGDPはおおよそ500兆円。これを2020年頃(今から4年後)に600兆円にするということはつまり、「1.2倍」にするということです。

そして、現在の国民所得は一人当たりおおよそ400万円程度ですから、これを1.2倍にするということはつまり、年80万円の所得の増加を意味しています。つまり安部総理は、今から4年後に国民所得を約80万円増やすと宣言したという次第です。

そんな事は可能なのか――?と疑問に思う国民も少なくないのもしれませんが、政府は今、それは間違い無く「可能」だと考えています。

下記のグラフは、政府がその様に考えている根拠です。これは、内閣府の将来予測シミュレーション結果です。

このグラフに示したように、特に大きく景気対策しない「ベースケース」のまま推移すれば600兆円経済は実現しないのですが、順調に経済成長した「経済再生ケース」では、2020年頃にちょうど600兆円に到達することが試算されているのです!

Next: どうすれば「経済再生ケース」で成長できるのか?答えは明白

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー