fbpx

日銀「超低金利政策」こそが日本復活の鍵。無為無策との批判がお門違いな理由とは=山崎和邦

FRBのインフレへの徹底交戦発言を褒めたた、日銀を無為無策と批判する意見をよく見かけるが、日銀は超低金利の持続という世界で唯一無二の政策をあえて続けているのだ。円安に放置され割安になっている日本株を、いずれ世界は無視できなくなるだろう。(「週報『投機の流儀』」山崎和邦)

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』2022年9月11日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。

孤高の日銀、超低金利政策に潜む大チャンス

孤高の日銀と書くと一応カッコウはつくが、実は量的緩和の脱出には高い経費がかかる。量的緩和でアベノミクス景気を作出した日銀は、それなりに大きな功績であったし、金融緩和によって、70円台の円ドル相場が125円(アベノミクスの壮年期相場)にまで持って行って、大いに日本経済を潤したその功績は大きい。しかし、量的緩和は結果的に「高い買い物」であったのかもしれない。量的緩和からの脱出は非常に困難である。無理に行えば、必ず経済を破壊する。

安倍首相在任中に消費税を2回引き上げて、5%を10%にした。その2回とも四半期別のGDPはマイナスになった。これを黒田総裁は非常に警戒していた。財務省出身で立場上、消費増税に賛成はしていたが、その結果は予知していた。同じく、今、インフレを抑えるために金利を引き締めるとどういうことになるか明らかな予測を持っているに違いない。

日銀は無為無策ではない。敢えて超低金利を維持して、日本の将来のための大きなチャンスを作っているのだ。

1)円安による世界的な物価安の日本

2)長期金利安と株式益回りの高さによる日本株の世界的割安感の醸成

この1と2の二つの割安を日銀が作り出しているのだ。このことは稿を改めて述べたい。

覚悟を決めたFRBと動かぬ日銀

1年前のジャクソンホール会議でサマーズ元米財務長官がインフレをアドバイスしたところ、パウエル議長は「これは一時的なものだ」と突っぱねた。これが間違いのもとであったことは世界も認め、彼自身も認めている。

そこでFRBは今年3月以降に大幅な利上げを続けており、9月に0.75%利上げに踏み切ると政策金利は3~3.25%となる。6月時点の予想(3.4%)から上離れる可能性がある。FRB議長は経済の軟着陸よりもインフレ抑制を優先する姿をはっきり見せた。NYダウはジャクソンホール会議をはさんで4日連続安をして、下げ幅は1700~1800ドル(5.4%)に達した。市場ではFRBの今後の行動については色々な憶測があるが、結局は米景気を犠牲にしてでも、量的緩和は高い買い物であったとわかっていても、引き締めを継続すると見た方が適切であろう。

一方、黒田総裁は来年3月までの任期は7ヶ月間。次の総裁がどのような問題を抱えて出発するのか難しいところに来ている。日経ヴェリタス紙9月4日号の第一面のトップ記事の見出しは「動けぬ日銀 覚悟のFRB」。サブタイトルが「緩和脱出の難路、市場は景気失速を懸念」であった。まあ、そんなところであろう。

Next: 日銀の超低金利策に秘められた日本復活の大チャンス

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー