fbpx

「ライザップ」への商号変更、新株予約権償却など発表の健康コーポ<2928>に買い殺到

札幌上場の健康コーポレーション<2928>は16日引け後の決算発表とともに、筋肉体型の「RIZAPグループ」への社名変更を発表。東証上場の観測も取り沙汰されて思惑を強めている。(『日刊株式投資情報新聞』)

好業績、社名変更発表の健康コーポ、東証上場の思惑強める

16年3月期は大幅増益

例の筋肉体型のテレビCMで知られるトレーニングジム「RIZAP」(ライザップ)などの持株会社・健康コーポレーション<2928>(札幌アンビシャス・売買単位100株)は16日の取引終了後、2016年3月期の決算発表とともに「RIZAPグループ」への商号変更(7月)、新株予約権の発行残存分の全部償却、光通信<9435>(東1)の子会社で超富裕層向けの医療・美容などに関する予約・送客サイト運営企業への出資、などを発表した。

【関連】仕事後のビールがまずくなったらガンを疑え?かなり役に立つ先人の知恵12個

株式市場では、以前から同社の東証上場の観測も取り沙汰されており、思惑や期待が膨らむ可能性が言われている。新株予約権の償却は需給改善要因になる。

健康コーポレーション<2928> 日足(SBI証券提供)

健康コーポレーション<2928> 日足(SBI証券提供)

健康コーポレーション<2928> 週足(SBI証券提供)

健康コーポレーション<2928> 週足(SBI証券提供)

16年3月期の業績は驚くような大幅増益となり、連結売上高は前期比42%増の554.5億円、営業利益は同2.4倍の50.7億円、純利益は同51%増の24.7億円。「既存事業ではパーソナルトレーニングジム「RIZAP」を中心とした美容・美容関連事業が業績の牽引役となり」「売上高はRIZAP株式会社が大幅に成長し、前年対比ほぼ2倍」(決算短信から抜粋)となった。

今期・17年3月期の予想は、IFRS(国際財務報告基準)を任意適用するため前期との増減率を表記しなかったが、売上高に相当する売り上げ収益は1000億円(前期実績との単純比較では80.3%増加)、営業利益は101.5億円(同じく2.0倍)、親会社の所有者に帰属する当期利益は60億円(同じく2.4倍)、1株利益は47.08円とした。

株価は16日の終値が697円(23円安)。
※編注:17日の終値は797円(100円高)、247万株の成り行き買い注文を残しストップ高比例配分となった。

この6ヵ月近くは、16年2月に一時560円まで下押した局面を除けば、おおむね650円前後から720円前後のゾーンでモミ合う展開が続いている。こうしたモミ合いを抜け出すにはエネルギーが必要との見方があるが、その分、抜け出せば大きな相場が待っているか猛省があるようだ。

【関連】ゴーンCEOの見つめる先~日産はなぜ三菱自動車を買収するのか?=栫井駿介

日刊株式投資情報新聞』(2016年5月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい