fbpx

【Q&A】どう見るこの相場~日経平均、二番底形成の条件は/5日ぶり反発60円高(6/15)

日経平均は5日ぶりに反発〜主力株が持ち直す展開

日経平均の大引けは1万5919円58銭(60円58銭高)、TOPIXは1039.22ポイント(33.31ポイント高)、出来高概算(東証1部)は19億3842万株

15日後場の東京株式市場は、ソニー<6758>(東1)がVR(仮想現実)技術などを活用した最新のゲーム端末などに期待が広がり本日の高値圏で推移するなど主力株が持ち直す展開となり、日経平均は5日ぶりに反発した。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

東芝<6502>(東1)は東京地下鉄への非常用電源装置の納入やSMBC日興証券による投資判断などが好感されて7%を超える値上がり。ショーケース・ティービー<3909>(東マ)はAR(拡張現実)、VR(仮想現実)技術での英国企業との提携などが好感されてストップ高。クロスキャット2307>(JQS)は銀行ATMから同時一斉的に18億円が引き出された事件が追い風になるとの見方でストップ高。

新規上場のアトラエ<6194>(東マ・売買単位100株)は買い気配を上げ、14時11分に気配値のまま上げる場合の本日上限の1万2720円(公開価格5400円の2.3倍)で初値がつき、その後1万4500円まで上げたが終値は1万1340円となった。

同じくホープ<6195>(東マ、福Q・売買単位100株)も買い気配を上げ、13時59分に気配値のまま上げる場合の本日上限の3220円(公開価格1400円の2.3倍)で初値がつき、その後3320円まで上げ、終値は2520円となった。

東証1部の出来高概算は19億3842万株(前引けは9億9154万株)、売買代金は1兆9253億円(同9286億円)。1部上場1958銘柄のうち、値上がり銘柄数は1032(同1377)銘柄、値下がり銘柄数は767(同472)銘柄。

また、東証33業種別指数は22業種(前引けは31業種)が値上がりし、値上がり率上位は保険、輸送用機器、電気機器、その他金融、ガラス・土石、証券・商品先物、不動産、医薬品、などとなった。

【関連】ついに白旗。舛添要一「東京都知事居座り作戦」の小失敗=ショー

1 2

日刊株式投資情報新聞』2016年6月15日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー