fbpx

コメダ珈琲いよいよ上場。サンマルクカフェとの比較で見えた強みと課題=八木翼

Q10:その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、一時的な経営問題などのために下落しているか

上場前ということで、公開価格ベースで計算するとPER20.8倍ですね。

・EPS 94.2円/株
・株価 1960円/株
1960/94.2=20.8倍

サンマルクホールディングスの株価が15.37倍であることを考えると、少し割高でしょう。同じレベルまで下がってきて初めて対等といえそうですね。

Q11:株式の利回りと利益の予想成長率を計算し、国債利回りと比較せよ

ここでは、

・配当はなし
・過去10年のPERはサンマルクホールディングスと同水準
・ROEも同水準
・BPS(一株当たり純資産)は売り出し価格の1960円と仮定(これは微妙ですが)

という仮定の下計算してみます。

以下は計算です。

【1.予想成長率を求める】

まずは株主資本の予想成長率を求めましょう。

(必要な値)
・10年平均ROE:9.1%
・配当性向:0%

(式)
・株主資本の予想成長率=10年平均ROE(1-配当性向)

(答え)
株主資本の予想成長率:9.1%

【2.予想BPSを求める】

さらに、今求めた、株主資本の予想成長率を使って、10年後の予想BPSも求めます。

(必要な値)
・直近のBPS:1,960.00
・株主資本の予想成長率:9.1%

(式)
・10年後の予想BPS=直近のBPS×(1+株主資本の予想成長率)^10
(答え)
10年後の予想BPS:63996.6円 ¥4,698.5

【3.予想EPSを求める】

この10年後の予想BPSに、平均ROEをかけます。すると、10年後の予想EPSが得られます。
(必要な値)
・10年後の予想BPS:¥4,698.5
・10年平均ROE:9.1%

(式)
・10年後の予想EPS=10年後の予想BPS×10年平均ROE

(答え)
10年後の予想EPS:¥429.29

【4.10年後予想株価を求める】

さて、予想EPSを求めたら、これに10年平均PERを掛ければ、10年後の株価を求めることができます。

(必要な値)
10年平均PER:26.8
10年後の予想EPS:¥429.29

(式)
10年後予想株価=10年平均PER×10年後予想EPS

(答え)
10年後予想株価:¥11,495.43

【5.年間期待収益率を求める】

10年後の予想株価を使って、年間にどれくらいのリターンが期待できるのかを計算します。

(必要な値)
・10年後の予想株価:¥11,495.43
・現在の株価:¥1,960

(式)
・年間期待収益率=((10年後の予想株価/現在の株価)^1/10)-1
(答え)
年間期待収益率:19.4%

【結果】

そこそこの収益となります。というのも、1株当たり純資産がサンマルクホールディングスに比べ、高いからです。

1株を1960円で売り出すということは、基本的には、1960円の資産が増えることになり、BPSは1,960円といってもいいのですが、当然そこには手数料などがかかってきます。

BPSが大きいと、ROEに掛ける額が大きくなりますので、当然、その年の収益増加が期待できます。

この計算方法は、その収益をもとに、将来の株価を計算していますので、BPSは大きい方が稼げる計算になるのです。

あとは、ここでは仮に配当性向を0として計算していますのでその点を考慮に入れる必要があります。

ROEがサンマルクホールディングスと同程度であれば期待できそうですね。

Next: Q12:株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ→結論

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー