fbpx

【米中首脳会談】トランプの「北朝鮮潰し」と中国に仕掛けられた罠=斎藤満

中国を「生かさず殺さず」最大限に搾り取る

中国としては、中国に進出する米国企業を「人質」にとるか、中国経済の打撃は世界経済の打撃であり、それは米国にも波及すると主張し、軍事力強化のカードを切るしかないのですが、いずれも決め手に欠けます。

むしろ、トランプ政権の弱体化を図り、国境税も国境調整税も進められないよう、政権幹部を「ハニートラップ」に陥れるか、トランプ氏のスキャンダルをリークして政権転覆を図るしかありません。

2月の米中電話会談でトランプ大統領は「両国にとって互いにプラスとなるような良好な関係を構築することを楽しみにしている」と述べましたが、今の大統領は当時より追い込まれた状況にあり、目に見える「成果」を国民の前に示す必要があります。

今回の米中首脳会談中、あるいはその直前に、北朝鮮がミサイル発射や核実験を行う可能性もあり、そうなれば中国は対応待ったなし、となります。

今回の交渉で、最も穏健な結果となるシナリオは、中国が北朝鮮の「実験」を封印し、高率関税(国境税)を回避し、中国が自主的に輸出を規制して徐々に貿易不均衡を縮小していくケースですが、北朝鮮が中国の言うことを聞く保証はありません。

また米国財務省は大方の予想に反して、今回の為替報告書で中国を「為替操作国」に指定する可能性があります。

トランプ大統領としては、「生かさず、殺さず」の範囲で、最大限に中国から搾り取りたいところ。

これに成功すれば、トランプ氏は「成果」を得ますが、その代償として、中国も世界経済も抑圧されることになります。失敗すれば中国は救われますが、同時にトランプ政権の弱体化が世界に示されることになり、「最初の100日」から「最後の199日」の始まりとなるかもしれません。その意味で、両者にとって極めて大事な米中首脳会談になります。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

・年金不安のデフレ圧力(4/3)


※本記事は、『マンさんの経済あらかると』2017年4月5日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略=斎藤満

【関連】アメリカのシナリオ通りに進む「韓国弱体化」と近づく朝鮮半島有事=斎藤満

【関連】トランプの北朝鮮攻撃プランは「安倍政権崩壊」を前提としている(前編)=高島康司

【関連】「韓国と北朝鮮の統一」に賭けるジム・ロジャーズの未来予想図=東条雅彦

1 2 3

マンさんの経済あらかると』(2017年4月5日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい