fbpx

「韓国と北朝鮮の統一」に賭けるジム・ロジャーズの未来予想図=東条雅彦

北朝鮮がミサイル発射や核実験を強行し、日本を含む周辺国への挑発行為を続けています。一方、冒険投資家のジム・ロジャーズは「今、最も有望な投資先は北朝鮮だ」「数年以内に北朝鮮と韓国は統合する」との意外な主張を展開しています。いったい、その真意はどこにあるのでしょうか?北朝鮮の経済データをもとに考察してみましょう。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

ジム・ロジャーズ「あと数年で韓国と北朝鮮は統合する」の真意

日本人には謎すぎる「北朝鮮」という国

9月9日9時半、マグニチュード5.0規模の人工的な地震波が観測されました。北朝鮮は、建国記念日であるこの日に5回目の核実験を断行しました。

9月5日にも、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられるミサイル3発を連続発射し、日本の排他的経済水域内に落下させたばかりです。

北朝鮮は実験を繰り返して、着々と技術力を向上させています。一連の行動は、私たち日本人にとっては脅威でしかありません。

そんな中、北朝鮮に熱い視線を送る投資家がいます。それは世界三大投資家の一人、ジム・ロジャーズです。

ジム・ロジャーズは「冒険投資家」の異名を持ち、バイクやベンツで世界中を旅して、走行距離と走破した国の数で2回もギネスブックに登録されています。

そんな彼はなぜ今、北朝鮮に興味を持っているのでしょうか。本稿ではその理由に迫りたいと思います。

ここではあえて北朝鮮の政治的なイデオロギーは抜きにして、純粋にマクロ経済のデータから北朝鮮の実態に迫ります。また、北朝鮮は自国の経済データを他国に公表していないので、国連や世界銀行が発表している推定値から考察を進めていきます。その点は予めご了承願います。

ジム・ロジャーズ氏「北朝鮮に移住したい」

世界三大投資家(ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ)の中でも、ジム・ロジャーズ氏は、定期的にメディアに出てインタビューに応えるのが特徴です。

2015年2月28日のインタビューでは、次のように語っています。

――移住するとしたらどこへ?

おカネをすべて持って行けるなら北朝鮮でしょうね。1980年の中国、2010年のミャンマー、そして今の北朝鮮の状況は非常によく似ていて、北朝鮮は今後の展開が楽しみなところです。

出典:カリスマ投資家のオススメ移住先は北朝鮮?! – 東洋経済オンライン

ジム・ロジャーズの目には、今の北朝鮮は以前の中国やミャンマーのように映っているとのことです。そして先月、2016年8月29日のインタビューでは、さらに大胆な発言が飛び出しました。

――他に注目する国や地域の状況も教えてください。

まずは朝鮮半島です。あと数年で、韓国と北朝鮮は統合するでしょう。1つの国家になれば人口は約7600万人。北朝鮮の中国との国境付近には、教育水準が高い、安価な労働力が豊富にあります。北朝鮮には天然資源があるし、国土を開放して農家をたくさん受け入れようとする動きにもなるでしょう。

また韓国ではたくさんの資本や知識が集積しています。あなたもバイクで今すぐ朝鮮半島に行くべきです。やるべきことはたくさんあります。

出典:ジム・ロジャーズ氏「ロシアで農業を始めよ」 – 日経ビジネスオンライン

なんと、韓国と北朝鮮はあと数年で統一するという予想を発表しました。

マクロ経済データから見えてくる北朝鮮の現状とは?

国連や世界銀行が推計で出している北朝鮮のマクロ経済情報を元に、私の方でグラフを作成しました。(※グラフ1~6 『GLOBAL NOTE』データより東条作成)

北朝鮮の本当の実態については、ジム・ロジャーズの言うように、バイクで現地に行くしかないかもしれません。しかしながら、マクロ経済の推移を見れば大まかな傾向や状況は把握できます。ぜひ北朝鮮の実態を、その目で確認してみてください。

1. 北朝鮮 名目GDPの推移(1994~2014年)

160913t-01

国連が推計した最新の2012、2013、2014年のデータでは次の通りです。単位は100万USドルとなります。

2012年 15,907(百万ドル)
2013年 16,565(百万ドル)
2014年 17,396(百万ドル)

3~5%のペースで上昇しています。1ドル=100円の換算で、直近の2014年の名目GDPは1兆7396億円となります。この北朝鮮の経済規模は、日本で言えば鳥取県とほぼ互角の規模です。
※鳥取県の名目GDPは2013年の実績(内閣府、最新)で1兆7680億円でした。

2. 北朝鮮 一人あたり名目GDPの推移(1994~2014年)

160913t-02

北朝鮮の一人あたり名目GDPも上昇してきています。

2012年 643ドル
2013年 666ドル
2014年 696ドル

同じく年率3~5%弱のペースで伸びています。1ドル=100円の換算で、7万円弱です。比較のために挙げますが、日本の一人当たりGDPは2016年の実績で約400万円となります。

北朝鮮はまだまだ開発途上国ですが、近年の経済成長率は目を見張るものがあります。

仮に成長率4%で見積もった場合、「72の法則」により、北朝鮮のGDPは18年(72÷4=18)で今の2倍になります。

1995年は大水害が発生した年で大きく落ち込んでいますが、それ以外の年では右肩上がりで成長が続いています。

国連のGDP統計は1年遅れで発表されるので、直近の2015年のGDPは不明です。しかしながら、過去20年間の長期傾向から確実に言えるのは、近年の北朝鮮経済は極めて堅調に成長が継続しているということです。

Next: ジム・ロジャーズ垂涎!? 北朝鮮の人口推移から特許出願数まで驚きの実態

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい