fbpx

「韓国と北朝鮮の統一」に賭けるジム・ロジャーズの未来予想図=東条雅彦

実は韓国もスゴイ勢いで経済成長が続いている

ジム・ロジャーズは「数年以内に韓国と北朝鮮が統一する」と主張しています。そこで、韓国のマクロ経済のデータもあわせて確認していきましょう。

現在の韓国は、密かに一人当たりGDPで日本を追い抜きそうな勢いで伸びてきています。
一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2016年)(韓国, 日本) – 世界経済のネタ帳

<1995年実績>

韓国:12,340ドル
日本:42,536ドル

↓20年後↓

<2015年実績>

韓国:27,195ドル
日本:32,485ドル

一人当たりGDPだけはなく、韓国経済はマクロ経済全体で見ても、どんどん拡大してきています。名目GDP実質GDPドル換算でのGDP、どの方面から確認しても、一直線に伸びています。
韓国のGDPの推移 – 世界経済のネタ帳

ジム・ロジャーズが言うように、韓国の技術力北朝鮮の天然資源が合わさると、お互いに欠点を補う形になって、さらに飛躍していくことが予想されます。失われた10年、20年、25年と長期停滞する日本も、どこかで巻き返しを図りたいものです。

ジム・ロジャーズの名言に学ぶ投資手法

ジム・ロジャーズの次の名言を読めば、韓国と北朝鮮の統一が決して夢物語ではないこと、そして、朝鮮半島に投資のチャンスが来ていることを推察できます。

世界は常に変化してきたことを理解し、将来を見通せるようになるために、歴史を学ぶべきです。

どの年でもいいから選んで、それから50年後の世界は実際にどうなったか調べてみてください。

驚くべき変化が起きたことに気づくでしょう。

「やがてこうなる」と当時の人々が聞かされていたことは、50年経つとその通りにはならず、劇的に異なる世界になってしまった。

投資家として成功したいなら、投資の神様といわれている人々の話を聞くよりも、歴史や哲学を学んだほうがいい。

そのために欠かせないのが読書です。

歴史書や哲学書から歴史的教訓に学び、ものごとに対する洞察力を磨く。

そうすれば大局をつかむことができるし、将来の変化も予測できる。

歴史は繰り返すのです。

この2つのロジャーズの名言を要約すると、「人類は昔から根本的な部分は同じなので、歴史を見れば、同じパターンが将来にも出現する」と言っています。

その「過去と同じパターンの出現」を周囲よりも早く見つけて投資するのが、ロジャーズ流の投資手法です。

では「韓国と北朝鮮の統合」は、歴史的にはどのパターンと同じなのでしょうか?それはズバリ「西ドイツと東ドイツの統合」です。

Next: ベルリンの壁崩壊をなぞる「韓国・北朝鮮統合」のシナリオ

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい