fbpx

かつては日銀も…中央銀行の「情報漏洩」はなぜ起きるのか?=久保田博幸

リッチモンド連銀のラッカー総裁が「機密漏洩」事件への関与で引責辞任した。日銀も過去には決定会合の内容が事前に漏れたり、短観が発表の1週間前に漏洩したことがあった。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

中銀から情報漏洩するケースと作為的に情報を流すケースの違い

米リッチモンド連銀のラッカー総裁「情報漏洩への関与」で辞任

リッチモンド連銀のラッカー総裁は4日、2012年の機密情報漏洩事件に関わったとして、即日辞任すると発表した。

ラッカー総裁は声明で2012年10月2日に調査会社メドレー・グローバル・アドバイザーズの
アナリストと話した際、その後のFRB内の会合で話し合われる予定の政策選択肢についてアナリストが詳細な情報を握っていることが分かったとした。だがアナリストとの会話でコメントを拒否しなかったため、その情報を確認もしくは事実と承認しているかのような印象を与えた可能性があると述べた。

問題となったのはメドレー・グローバル・アドバイザーズの2012年10月の顧客向けリポートで、FRB内部の政策協議に関して市場を動かしかねない情報が含まれていたとされる。この問題を巡り下院共和党や連邦当局が調査を行っていた。

出典:リッチモンド連銀総裁が辞任、情報漏えい問題で引責 – WSJ(2017年4月5日配信)

メドレー・グローバル・アドバイザーの有料レポートは「メドレー・レポート」と呼ばれ、真偽のほどはとにかくも金融に関する特ダネが掲載されることがあり、それが市場を動かすということがあった。最近ではあまり聞かなくなったものの、私が債券ティーラーの現役時代は、このレポートの記事がよく話題となっていた。

かつては日銀金融政策決定会合の内容が漏れたことも

2012年10月当時の自分で書いたものを確認してみたが、メドレー・レポートに触れたものはなかった。しかし、それを探しているときに面白いものを見つけた。2012年10月31日の日銀の金融政策決定会合で追加緩和が決定されていたが、それについては私は下記のようなことを書いていた。

「日銀は31日の金融政策決定会合で、追加緩和策を決定した。事前に資産買入等基金の10兆円程度プラスリスク資産の増額は報じられていた。今回は政府による経済対策と歩調を合わせた格好となっており、この報道は日銀関係者というよりも政府関係者から漏れた可能性が高いと思われる。」

憶測で書くなと言われそうではあるが、この際には決定会合の内容が事前に漏れていたことは確かであった。これはこの会合に限らずで、以前には決定会合の最中に決定の内容が速報といった格好で報じられることもあった。かなり大昔となるが、日銀短観そのものが1週間前に漏洩して、債券ディーラー間で回し読みされていたということもあったそうである。

中央銀行の金融政策、大昔では公定歩合の上げ下げなどは、報道関係者にとって、そのスクープを抜くことが大きな勲章のようなものになっていたとされている。これもあってか、やや金融政策に関する事前報道が加熱していた時期もあった。

黒田日銀の「サプライズ」は情報管理の賜物

ところが、こと日銀に関しては黒田総裁が就任してからそういったことがほとんどなくなった。だからこそ黒田日銀の追加緩和がサプライズと称されたのである。黒田総裁の異次元緩和そのものについては個人的には批判的ながらも、この情報漏洩を完全に遮断している姿勢に対しては評価している。

中央銀行が作為的に情報を流すケース

ただし、中央銀行が作為的に金融政策の情報を流すケースもあることにも注意する必要がある。いまのFRBがまさにそうである。「年内複数回の利上げをするぞ」と関係者がコメントしている。これは当然ながら情報漏洩ではない。これは特に金融緩和ではなく、その反対方向に向かう際にはそれを市場に浸透させ、市場の動揺を押さえ込む必要があるためである。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

・マーケットの新たなリスク要因、米・中・北朝鮮・ロシアに英(4/4)
・FRBが物価目標としているPCEデフレーターとは何か(4/3)


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】米国株は「2029年まで続く超長期上昇トレンド」の第2ステージに入った=江守哲

【関連】「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略=斎藤満

【関連】シャープの株価上昇は本物か? 今後の上値メドを予想してみた=坂本彰

牛さん熊さんの本日の債券』2017年4月5日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,080円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい