fbpx

詐欺か、錬金術か。ただの紙切れが「1万円札」になる本当の理由=吉田繁治

不換紙幣時代の通貨発行は民間銀行が行うようになった

銀行のネットワークが発達し、預金の送金で決済が行われるようになると、中央銀行が独占して発行することになった紙幣を発行できない銀行は、貸し付けによって「預金通貨の創造」をするようになっていきます。

ゴールドスミスのようなゴールドの準備は、もう必要がなかったのです。バランスシートで言えば以下です。銀行家はそのペン先で、預金という銀行にとっては負債であるマネーを作りました。

事例:1兆円の通貨を発行する銀行のB/S

資産 負債
貸付金 1兆円 預金 1兆円

貸付金は、契約した期限日に、現金を回収する権利です。他方、預金は、預金者からの要求があるとき現金を引き渡す義務です。

権利と義務という契約ですから、何もないところから「創造」ができます。契約は人と人の約束なので、そのとき紙幣がなくても締結できます。これが銀行による信用創造と言われることの本質です。

銀行への人々の預金から貸付金になるという、経済学の教科書の説明は嘘です(後で詳述)。人々が銀行に預けた預金は、銀行にとっては支払い準備金にはなりますが、その預金が右から左に貸し付けられるのではない。

高利貸しの貸し付けと、銀行の貸し付け(=信用創造)はまるで異なる

高利貸しは、人々がマネーを預ける預金口座がないので、借りたお金または自分のお金を貸し付けるしかない。高利貸しやサラ金が行っている貸し付けは、預金もつ銀行が行っている信用創造とはまるで異なることです。

経済学は、高利貸しやサラ金の貸し付けと、銀行の貸し付け=つまり信用創造を、意図せずか意図してか(ここがわからない)混同しています。ここそが、正統派とされる経済学が信用創造について言っている嘘です。

預金の本質はマネーを引き出す権利であり、マネーそのものではない

銀行に1000万円の預金があると言ったとき、実際にあなたが持つのは、銀行から1000万円を引き出す権利です。1000万円という現金を、所有しているわけではない。必要なとき1000万円まで引き出して使えるということであり、「引き出し権という契約」を持つことです。

預金を混同管理する銀行

銀行は、あなたの預金1000万円を、私書箱のような金庫に入れて分別管理してはいません。引き出しに備える分として、ほぼ10%をもつだけです(混同管理)。900万円は、債券の購入や貸し出しに回しています。

動物は、食物は理解できても、「未来への権利」は理解できない。このため、商品所有への権利という性格をもつマネーも理解できない。犬が、肉を買うとき現金は渡しません。

調教すれば、物々交換を理解するようになるチンパンジーはいるようですが、等価までは分からない。このため、100円や100万円のマネーの等価も理解できない。

芸をしたとき、食べ物をあげる訓練をすれば、食べ物が欲しいとき芸をします。これは芸と食物の交換です。しかしその芸を10回すれば10倍の食べ物とまでは、理解しない。

未来に備える貯蓄も、理解しない。このため、必要な量の10倍の食べ物は要求しません。人間には、事物や概念を文字であらわすようなシンボル化と蓄積をする能力が備わっているので、未来への権利であるマネーを理解します。

元FRBの議長、1990年代に巧みに増やしたため、マネーのマエストロと言われたグリーンスパンは、「マネーは自由を保証する」と言っていました。

マネーがあれば、義務・苦役としての労働や服従が必要ないからです。そのマネーを銀行は、貸付金として「創造」できるのです。

Next: マネー創造のカギは、銀行のネットワークシステムにある

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい