fbpx

詐欺か、錬金術か。ただの紙切れが「1万円札」になる本当の理由=吉田繁治

マネー創造のカギは、銀行のネットワークシステムにある

通信ネットワーク化された預金システムとともに、民間銀行も、貸付金という資産と対応する、預金という負債を造像できるようになりました。しかし、預金が引き出されれば、銀行からそのマネーはなくなるので、マネーの創造ではないという学者もいます。

ところがネットワーク化された銀行システム全体では、貸付金として創造されたマネーは銀行システム内を循環するだけで、総量が減ることはない。まさにマネーは支払った個々の主体では減っても、全体では、同額を受け取った人がいるので、減らずにめぐるのです。
(注)銀行システムの中の預金マネーが減るのは、現金で引き出され、それが預金されないときです。

事例:山田さんの場合

(1)まずA銀行の内部で、「山田さん」の預金口座から引き出され、例えば「福原産業」の預金口座に何かの代金として送金された場合、A銀行が貸付金として創造したマネーの量は、変わりません。山田さんの口座から、福原産業の口座に(同一銀行内で)移っただけです。

(2)A銀行から、別のB銀行の預金口座への移動の場合は、A銀行のマネーは減って、B銀行のマネーが増えます。預金は、全額ではないにせよ、引き出されるからです。

(3)しかし実際のマネーの銀行間移動では、A銀行からB銀行への送金(決済)は、B銀行からA銀行への送金と、ほぼ釣り合っているのです。一方的にマネーが減る銀行は、マネー不足で倒産します。倒産しないということは、1日では入金と出金が不均衡であっても、1か月合計では若干の差異はあっても均衡しているのです。これは、A銀行からB銀行への送金と、B銀行からのA銀行への送金が釣り合っていることを意味します。

(4)このため、A銀行とB銀行は、ほぼ同時に以下のようになっているのです。

【A銀行】

資産 負債
貸付金 1億円増加 預金 1億円増加

【B銀行】

資産 負債
貸付金 1億円増加 預金 1億円増加

【A・Bの両銀行の合計】

資産 負債
貸付金 2億円増加 預金 2億円増加

結果は、銀行ネットワークの中で、A、B銀行の2億円の貸付金の増加の分、預金が増えています。

これが銀行による信用創造、言い換えれば預金創造です。銀行システムは、マネーの引き出し権という預金を、貸し付けによって「創造」しているのです。
(注)預金が、紙幣で引きだされ、銀行システムの外のタンス預金になったときは、預金システムの中から、マネーが流出したことになります。

現金の利用は、銀行送金のリアルタイム・オンラインシステム化と、クレジット・カードによりどんどん減ってきています。海外銀行に流れたときは、その国の預金は減ったことになります。

市中銀行が破産するとき

貸付金として預金通貨を創造できるので、銀行は中央銀行と同じように、決済マネー不足で破産することはないという人がいますが、それは違います。

A銀行の、不良債権(バッドローン)の多さから生じた信用不安から、引き出され送金されるマネーが超過を続ける場合、信用創造が間に合わず、つぶれます。

送金マネーの超過を続け、流入するマネーが少ない銀行は、銀行ネットワークから排除されたことになるのです。

今回はいったんここまでです。次回は、日本経済の懸案になってきた中央銀行のマネー創造の能力に限界はあるのか?限界があるとすれば、何が原因で限界になるのかを、理論的に検討します。


※本記事は有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』2016年8月10日号を一部抜粋・再構成したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】勝負に勝って戦いに負けた舛添要一 品格なき知性、奸計による挫折=吉田繁治

【関連】10兆円硬貨で万事解決?「ヘリマネ」という究極のアベノリスク=吉田繁治

【関連】日本財政の臨界点。我が国のバランスシートが示す「2020年危機」=吉田繁治

【関連】いつまで安全?「リスク回避の円買い」に走る外国人のナニワ金融道=東条雅彦

1 2 3 4 5

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで』(2016年8月10日号)より一部抜粋、再構成
※記事タイトル、本文見出し、太字はマネーボイス編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

[月額648円(税込) 毎週水曜日]
●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい