fbpx

年収1,000万円でも老後破産!? 高年収者が陥りやすい落とし穴=川畑明美

年収1,000万円の人がもらえる年金額はいくらか、ご存知でしょうか?高年収でも老後に向けた節約は必要です。年収が高いからと油断していると、老後破産するかもしれません。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2,000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

年収1,000万円でも年金は〇〇〇万円?

ファイナンシャルプランナーの私がたくさんの方の資産を見ていて心配なのは、収入が高いのに貯蓄がない方です。

収入が高いと、使ってもまたお金が入ってくるので「大丈夫」という心理が働き、浪費家計になってしまうのです。

特に年収1,000万円くらいで貯蓄が少ない方は要注意です。

なぜなら年金額には上限があって、平均月収62万円以上はもう、受け取る年金額は増えないのです。

年収1,000万円の会社員の方のおおよその年金額は、200万円と計算できます。妻は専業主婦とすると、妻の基礎年金を入れて278万円くらいです。

年金生活に入ると、現役時の5分の1の収入で暮らさなければなりません。浪費家計のまま年金生活に入ると、あっという間に老後破産です。

年収でなく貯蓄格差を意識して!

年収が高い人ばかりではありません。

貯蓄額が少ない方は、今からで良いので何に浪費しているのかを調べてくださいね。お金をかけるところと、節約するところを意識してメリハリをつけましょう。

無理をするとリバウンドしてしまいます。いきなり生活を質素にするのは難しいですから、生活の中で浪費を見つけて行ってくださいね。

特に仕事の帰り道でコンビニに寄るのは、あまりよろしくありません。コンビニに立ち寄るのがクセになっていたら、それを止めるだけでも随分と変わります。

また、電力の自由化になりましたので、契約する会社を変えるだけでも、長い目で見れば大きく節約できます。

節約は、ゲームのように楽しんでやるのがコツです。

何かを購入する前には徹底的に調べて、ほかで安く買えないかを考えてみましょう。

【関連】10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている=鈴木傾城

【関連】トランプが本気を出せば中国は秒殺される?香港市場がしぼんだら中国経済は息ができない=勝又壽良

【関連】「欧米経済はコロナで沈む」天才投資家ジム・ロジャーズが見据える次の覇権国とは=花輪陽子

【関連】また安倍政権「お友達優遇」資本主義? GDP、2次補正で2%押し上げは本当か=今市太郎

image by:Motortion Films / Shutterstock.com

教育貧困にならないために』(2020年6月19日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー