fbpx

ドル円の下値メドは102円、反発上昇は続くか~各通貨ペア・ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ポンド/円(GBP/JPY)戻り高値を試す

1690905pentagon_gbpjpy

先週のレポートでは、ABラインに注目した。右肩上がりのABラインに沿って推移することが出来たのであれば、反発上昇の動きが続き、堅調な展開につながると期待できたからだ。実際には、ABラインに沿って推移。しかもBDラインをも超えて、赤丸水準も終値で超えて反発上昇エネルギーの強い相場に転換した。次の注目日は9月12日前後である。

A点水準:約130円50銭
B点水準;約138円

今週のポイントは、戻り高値を試す動きとなるのかということである。

あくまでも個人的見解

BCラインに注目したい。堅調な展開が続き、戻り高値を試す動きになるのであれば、BCラインに絡んだ動きになることが考えられるからだ。

(川口の捉え方…取扱いに注意)ペンタゴンのど真ん中の時間帯を底に流れが変わり反発上昇が続いている。上値抵抗線BDラインを越え、B点水準をも上回ったことでp点水準が視野に入ってきた。先週も言及したが、戻り高値を試す動きになっている。

値動きのポイント

反発上昇エネルギーの強い相場に転換した。上値のメドは赤線水準の142円前後を考えたい。なお、下落エネルギーの相場に転換するには赤丸水準の134円を終値で割り込むことである。

現在のシナリオ

堅調な展開が続く可能性がある。上値抵抗線BDラインを超えて来ている。B点が位置する時間帯を通過した後も陽線が出現し値を上げている。そして、ど真ん中の時間帯を通過した後はABCラインに沿って推移しているからである。

第2シナリオ

上値が重たくなっていく可能性ある。下値支持線ABCラインを割り込んでいる。ペンタゴンの中心点の下方を通過していることで、上値は限定的であるからだ。

なお、MACDは上昇トレンドが鮮明になってきた。スローストキャスティックスの数値は上昇が続き、90%を超えて買われ過ぎ状態となっている。

今週のペンタゴン(ポンド/ドル)

1690905pentagon_pounddoll


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2016年9月4日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「金利の正常化」に向かうFRBと「異常な金融政策」に向かう日銀=近藤駿介

【関連】我が道を往けない属国・日本の病理~日銀「総括検証」の限界とは=斎藤満

【関連】ドイツ銀行CEO「ドラギは我々をクラッシュさせるつもりか!」迫る10月ショック

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2016年9月4日号)より

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

[月額10,780円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円などを話題のペンタゴンチャートで毎週分析します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー