fbpx

大荒れの日経平均!新年度を迎える来週は業績変化期待の高い銘柄に注目

日経平均が大荒れです。しかし、なぜ荒れているかご存知ですか?今週を振り返り、新年度を迎える来週以降の展開を、プロの視点から語っていただきました。

新年度相場は下値を探りながら、業績変化期待の高い銘柄を

今週の株式相場は、利益確定売りをこなして堅調展開を見せた先週の流れから、月曜日も買いが優勢。火曜日、水曜日も利益確定売りをこなす動きを見せていたものの、木曜日に大きく売り直されたあと、金曜日には戻り売りに押され、押し目買いで下支える場面もありましたが、利益確定売りが主導しています。

日経平均株価は、先週末の1万9500円台から、月曜日に1万9700円台乗せ。火曜日、水曜日も1万9700円台を保つ動きを見せたあと、木曜日には1万9400円台まで下押し。金曜日には1万9400円割れから1万9500円台まで戻したあと、1万9100円台を割り込む場面もあるなど、週初に上値を試したあと切り下げてきました。

日経平均株価は、先週末の1万9500円台から、月曜日に1万9700円台乗せ。火曜日、水曜日も1万9700円台を保つ動きを見せたあと、木曜日には1万9400円台まで下押し。金曜日には1万9400円割れから1万9500円台まで戻したあと、1万9100円台を割り込む場面もあるなど、週初に上値を試したあと切り下げてきました。

月曜日は、欧米株高とともに株価指数は上値追いを強める動き。火曜日は、利益確定売りに押された米国株と同様に利食い優勢の展開となったものの、押し目買い意欲が水準を保つ格好に。

水曜日では、米国株続落も堅調なドルを好感した買いが先行したあと、円買い圧力とともに急落したものの、押し目買い意欲の高さで切り返し。ただ、ハイテク株を中心とした米国株安が直撃。指数構成銘柄にハイテク株が並ぶなか、木曜日は見切り売りが広がり、大幅調整につながりました。

権利落ちを迎えた金曜日には、米国株続落に日経平均株価で約110円分の権利落ちが影響して続落スタートとなったものの、前営業日調整からの見直し買いを集めて切り返す動き。ただ、買い一巡後は戻り売りに押されています。

金曜日は、配当の権利落ち分である110円程度の下落からは切り返したものの、戻り売りとともに再び軟化。下値メドとして見られていた19日安値の1万9,312.70円、SQ値19,225.43円を割り込んでおり、節目割れから後場の大幅調整につながりました。切り返した場面では前営業日高値1万9,623円や5日移動平均線(1万9,594.15円)に至らず、戻り売りでマイナス転換、前場安値割れから下げ幅を拡大し、金曜日の日経平均株価は185.49円安の1万9,285.63円で取引を終了しましたが、ただ、安値1万9,099.87円は節目である1万9100円や25日移動平均線(1万9,078.69円)が下支えした格好でしょうか。

さて、金曜日に権利落ちを迎えて実質新年度入りを果たしていますが、ここにきて株価指数の上値追いも停滞。利益確定の動きとともに、相場の方向性を探っていく局面となっています。金曜日の安値1万9,099.87円や節目1万9100円、25日移動平均線(1万9,078.69円)など、新たな下値メドが意識されるなか、来週は下値メドと上値目標として金曜日の高値(1万9,590.03円)や5日移動平均線(1万9,594.15円)との位置関係を確認していきましょう。

もちろん名実ともに新年度となる4月以降は、月末からの本決算発表シーズンに向けて「来期の業績予想」がポイントとなっていきます。週明けには期末要因のドレッシング買いが期待できるうえ、集計タイミング入りとなる3月期業績の修正発表や調査機関の投資判断など個別の株価材料も増えていくなか、業績変化期待の高い銘柄を手掛けていきたいところですが、株価指数に高値警戒感が強まるなか、週後半のような調整を考慮した機動的な売買スタンスも求められるところです。

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい