fbpx

「リーマン・ショック2」を利用して、3年間で億万長者になる方法=東条雅彦

3. アメリカン・エキスプレスをリトマス紙につけると?

次に、アメリカン・エキスプレスを見てきましょう。

<アメリカン・エキスプレス 業績>

年度  売上高  純利益  EPS
2006年  24,826  3,707  2.99
2007年  27,559  4,012  3.36
2008年  28,365  2,699  2.32 ←リーマン・ショック(利益30%ダウン)
2009年  24,523  2,130  1.54 ←さらに利益33%ダウン
2010年  27,582  4,057  3.35 ←完全復活!
2011年  29,962  4,935  4.12
2012年  31,555  4,482  3.89
2013年  32,870  5,359  4.88
2014年  34,188  5,885  5.56
2015年  32,818  5,163  5.05

EPS(1株あたり純利益)を見ると、2007年の3.36ドルから、リーマン・ショック発生の2008年には2.32ドルまで落ちています(30%ダウン)。さらに翌年の2009年には、1.54ドルまで落ちました(さらに33%ダウン)。

2年連続、30%下落が続きました。売上高は2009年に15%落ちています。しかし、利益の落ち込み具合に比べて、売上高はそれほど大きく変動していません

売上高は、ビジネスのパイの大きさを示します。ビジネスのパイ自体が縮小していないのであれば、コスト削減や合理化を進めて、後で利益が出せるようになる可能性があります。

この点については、ウェルズ・ファーゴとよく似ています。利益の動きもウェルズ・ファーゴと同じく、2年後の2010年には純利益が上昇して、完全復活を遂げています。

アメリカン・エキスプレスの株価も見ていきます。

<アメリカン・エキスプレス 株価>

2006年  60.67
2007年  52.02
2008年  18.55 ←リーマン・ショック
2009年  40.52 (最安値:10.26)←年末には株価復活!
2010年  42.92
2011年  47.17
2012年  57.48
2013年  90.73
2014年  93.04
2015年  69.55

リーマン・ショックの影響で、2008年12月末には株価が18.55ドルまで下落しました。前年比で64%の下落です。

最安値は2009年3月6日の10.26ドルです。2007年12月末の52.02ドルから比べると、株価が約4分の1になっています。

もう言うまでもありませんが、こういう時は100%、買い時です。優良企業の株価が約4分の1になっているのです。億万長者になれるチャンスと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレスの株価は、ウェルズ・ファーゴよりもかなり早く回復しています。バーゲンセール期間は、2008年から2009年半ばぐらいの1年半ぐらいでした。

もう一度、ウェルズ・ファーゴの株価を見てほしいのですが、4~5年にわたって下落相場が続いています。これは、ウェルズ・ファーゴの方が業績の落ち込みが激しかったためです。

ただ、株価が最も落ち込んだ2009年3月6日の株価で見ると、アメリカン・エキスプレスもウェルズ・ファーゴもほぼ互角です。

アメリカン・エキスプレス
2007年12月末:52.02ドル → 2009年3月6日:10.26ドル(約80%ダウン)

ウェルズ・ファーゴ
2007年12月末:30.19ドル → 2009年3月6日:8.61ドル(約70%ダウン)

ウェルズ・ファーゴは銀行で、アメリカン・エキスプレスはクレジットカード会社です。両方とも金融業です。金融業は、金融危機のときには業績も株価も急激に落ちます

<アメリカン・エキスプレス リトマス試験の結果>

  • 金融危機時に純利益が2年連続で30%も減った(計55%の下落)
  • 業績は2年後にはリーマン・ショック前の水準まで回復した
  • 株価が一時、4分の1ぐらいに下がったが、すぐに持ち直した
  • ウェルズ・ファーゴと違って、株価は1年半ぐらいで復活している

アメリカン・エキスプレスは金融危機に弱いタイプ!

Next: 未曾有の危機だからこそ、わずか1~2年で資産が倍増する!

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい