fbpx

「リーマン・ショック2」を利用して、3年間で億万長者になる方法=東条雅彦

2. コカ・コーラをリトマス紙につけると?

次にコカ・コーラを見ていきます。

<コカ・コーラ 業績>

年度  売上高  純利益  EPS
2006年  24,088  5,080  1.08
2007年  28,857  5,981  1.28
2008年  31,944  5,807  1.25 ←リーマン・ショック(影響なし)
2009年  30,990  6,824  1.47
2010年  35,119  11,787  2.53
2011年  46,542  8,584  1.85
2012年  48,017  9,019  1.97
2013年  46,854  8,584  1.9
2014年  45,998  7,098  1.6
2015年  44,294  7,351  1.67

ウェルズ・ファーゴとは大違いです。前年より純利益が3%弱、落ちていますが、ほぼノーダメージです。むしろリーマン・ショックよりも、近年(2014~2015年)の落ち込みの方が気になるぐらいです。

株価も見ていきましょう。

<コカ・コーラ 株価>

2006年  24.13
2007年  30.68
2008年  22.64 ←リーマン・ショック
2009年  28.50 (最安値:19.55)
2010年  32.88
2011年  34.88
2012年  36.25
2013年  41.31
2014年  42.22
2015年  42.96

リーマン・ショックの翌年の2009年3月6日には、株価が19.55ドルまで下がっています。

コカ・コーラは業績がほとんど落ちていないせいか、株価もそれほど下落していません。2007年12月末の30.68ドルから比べても、約37%の下落です。

最安値をつけた2009年3月6日は、市場全体が暴落した日です。

リーマン・ブラザーズが倒産した日(2008年9月15日)から、約半年後に最安値を付けています。ウェルズ・ファーゴも同じです。これも1つの学びでしょう。

リーマン・ショック2が来た時も、ショックが発生した時が最安値とは限りません。影響がダラダラと長引いて、半年後ぐらいに底が来るのです。

<コカ・コーラ リトマス試験の結果>

  • 金融危機時に純利益が約3%しか減らなかった(ほぼ誤差の範囲)
  • 株価もそれほど落ちなかった
  • 2007年12月末:30.68ドル→2009年3月6日:19.55ドル(約37%の下落)

コカ・コーラは金融危機に強いタイプ!

Next: これなら自分にも掴めるかもしれない!億万長者になるチャンス

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい