fbpx

ゼロリスクという愚。豊洲水銀騒動に見る危機管理の心理学=内閣官房参与 藤井聡

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2016年10月18日号より
※本記事のタイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

豊洲新市場の「水銀騒動」が、ただの空騒ぎでしかない3つの理由

大きく騒がれている「水銀騒動」

「豊洲」市場移転の件、これまで当方、空洞・がらんどうと報道されている「地下ピット」は、「技術的」に見ればより衛生的であると考えられる、と申し上げて参りました。

しかし、今となっては、豊洲が危ない!と煽り続けたメディアも政治家も世論も「振り上げたこぶし」のおろし方が分からなくなってしまっており、これからは「些末なこと」がことさら大きく騒ぎ立てられるだろう――と社会心理学や物語分析に基づいて指摘して参りました。

【関連】豊洲市場「空洞」騒動の真実。なぜデマが世論を席巻するのか?=藤井聡

【関連】なぜ豊洲炎上劇場では「デマ」がまかり通るのか?物語分析の視点から=藤井聡

いわば、これまで豊洲の件で騒ぎ立ててしまった人々が「豊洲移転において何か大きな東京都の闇があって欲しい」「豊洲が実際に汚染されていて欲しい」という潜在的な願望を持っている、という愚か極まりない事態が、社会心理学に基づく冷静な分析から予期されるに至っているわけです。

そんな中、今、特に豊洲の件で大きく騒がれているのが、以下の「水銀騒動」。

豊洲地下空洞の空気から指針7倍の水銀検出 健康に影響「直ちにはない」も… – ZAKZAK

この結果を受け、メディア上では「それみたことか!」とばかりに、激しく豊洲を非難する報道が続いています。

今度は水銀検出 “毒まみれ”の豊洲市場は取り壊すしかない – 日刊ゲンダイDIGITAL

大気から指針の7倍の水銀、豊洲専門家会議で怒号飛ぶ – News i

また、インターネット上でも、「豊洲移転はもう無理」「豊洲オワタw」という趣旨の発言が散見されているようです。

では、ホントに「豊洲移転はもう無理」なのかどうかを、「技術的」な視点で考えてみましょう。

Next: 技術的な視点で考えて「豊洲移転」はどうなのか

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー