fbpx

「チャートなど役に立たない」天才スタインハルトの名言と投資手法=山田健彦

天才投資家マイケル・スタインハルトの名言と投資スタイルを紹介します。彼は徹底したファンダメンタリストで、チャートは役に立たないと言い切っています。(『資産1億円への道』山田健彦)

大局を掴んだ短期売買。マイケル・スタインハルトの着眼点に学ぶ

平均年間利益率約30%、天才の意外な生い立ち

マイケル・スタインハルト氏は、1941年に米国で貧しいユダヤ移民の子として生まれました。スタインハルトが1歳の時に両親は離婚。父親は宝石商を営んでいましたが、博打好きで、本業の宝石ビジネスでも儲けるための手段は選ばず、盗品なども積極的に扱い、マフィアとも取引があったと言われています。一時期は投獄もされていました。

スタインハルト自身は、13歳の時から企業分析やチャート分析を勉強し始めました。きっかけは、ある銘柄の株式「200株」を父親からもらったことでした。その後、しばらくして実際に投資を開始しました。

彼は頭脳明晰だったようで、高校は16歳で卒業し、1960年にペンシルバニア大学ウォートン校を飛び級で卒業したときはわずか19歳だったそうです。卒業後は、ウォール街にある投資信託会社でアナリストとして働き始めます。

その後、ビジネス誌の記者として働いた後、証券会社に転職しています。そこでは農機具と消費材のアナリストをしていました。

そして1967年、26歳の若さで「スタインハルト・ファイン・バーコビッツ」という自分の会社を立ち上げます。

スタインハルトは27年近く投資家として活躍し、平均年間利益率約30%を達成しています。

もっとも、スタインハルトの投資は毎年毎年30%のリターンを生んでいたというわけではありません。ブラックマンデーのときには、市場から手痛い仕打ちを受け、年間の利益を数日でほぼ全額失ったこともあったようです。

スタインハルト、珠玉の名言

スタインハルトは、市場に関するいろいろな名言を残しています。

数え切れない決断と失敗が、年月を経て私を賢い投資家に育ててくれた。

成功の事例に決まったパターンはない。2~3銘柄でうまくいった数年間もあれば、市場の流れにうまく乗った数年間もある。債券で稼いだ時期もある。決まったパターンはないという事実にこそ重要な意味がある。

成功のための方法を定式化できると思ったら大間違いだ。勝利の方程式は、すぐに変わる。ある期間定式化した方法がうまくいくと、その後には避け難い大きな失敗が待ちうけている。

良いトレードとは、自分のアイディアを追い続けていく信念と、間違いを認める柔軟性の間の微妙なバランスで成り立っている。

確信と謙虚のバランスは、幅広い経験と失敗から学ぶもの。反対側で売買している人間にも見通しがある。

なぜ彼は売るのだろう。自分の知らない何を知っているのだろう。常にそう自問すること。

そうすれば、あなたは自分自身にも他人にも正直になれるに違いない。

これらのことを、たびたび述懐しています。

Next: 一見、矛盾を孕んでいるスタインハルトの投資スタイルとは?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい