fbpx

NYダウはどこまで上がる?現時点で予測できる上値目標と当然の結末=伊藤智洋

必ずそうなるわけではないことを断った上で予測するなら、現在のNYダウは暴落前の準備期間と見ることができます。その理由を説明しましょう。(『少額投資家のための売買戦略』伊藤智洋)

プロフィール:伊藤智洋(いとうとしひろ)
証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立。株や商品先物への投資活動を通じて、テクニカル分析の有効性についての記事を執筆。MS-DOS時代からの徹底したデータ分析により、さまざまな投資対象の値動きの本質を暴く。『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則[パワートレンド編]』(東洋経済新報社)など著書多数。

※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2017年6月25日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。今月配信済みバックナンバーや本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

小額投資家が大儲けするには、この「仕掛けられた動き」を読め

未来を予測できる年とできない年

価格の上昇、下降の振れ幅で利益を得るための投資は、上下どちらかのシナリオを描き、それに乗ることで利益を得ます。未来のことなど、ほとんどわかるわけがありませんが、人のやることだからこそ、一定の期間だけ、正確に予測することができます。値幅で利益を得る投資がギャンブルと異なるのだとするなら、その一点で未来予測が可能だからです。

例えば、昨年、FRBが今年利上げを実施すると考えた方が多いのだと思います。そのように予測した方は、それぞれ、利上げの根拠が異なるのかもしれませんが、そのどれが理由になっていようとも、今年、利上げすると考える何かがあったわけです。

実際、今年は、3月と6月で、すでに2回の利上げが実施されています。

値動きで利益を得るには、人がやることだからわかることを基準にして、そして、大勢の思惑を推し量り、その流れに乗り間違っていた場合に損にならない戦略を組み立てます。

投資経験の浅い、かじっただけの人が間違っていることの多い考え方は、いつでもチャンスがあると思っていることです。人のやることだからわかるといっても、実際に積極的な行動を起こす場面にならなければ、その行動の先になる未来を読むことなどできません。

だから、本年のように、FRBが利上げすると誰もがわかっていた年は、一定の方向性が明確になっているのですから、チャンスに満ちているということを理解すべきです。

2017年現在から2021年までのシナリオは明快

現在は、

  • 日銀が金融緩和を継続する
  • 安倍政権が株価を押し上げる政策を継続する
  • 米国が利上げを実施して、日米ともにインフレの世の中を目指す

ということがはっきりしています。少なくとも、その状況が来年まで続くわけです。少額の投資家は、このような状況を理解して、そして、その先に待ち受けている結末も考えて、大儲けを企むべきなのです。

金融緩和の先には、引き締めがあり、その先に株価の下落があります。この一連の流れは、日程がずれることがあっても、順を追ってやってきます。少額の投資家は、今年から来年に向けての上昇局面、そして、その先に来る株価の下落という一連の動きのすべてを利益にして、満腹になって撤退することをお勧めします。

第二次安倍政権は、憲法改正を目的として、実行できる準備が整うまで、長く政権を維持する必要がありました。そのため、安倍首相は、長く政権を維持するための経済政策を推し進めています。目的を持った政権だからこそ、見える未来があります。

今回の株価の上昇、下降の一連の動きの経過とともに、2021年には安倍首相が退陣し、新たな政権が舵を取ることになります。そのとき、自民党内の誰が総理になろうとも、見える未来がなくなります。

NYダウの上昇は何を意味しているか?

図1:NYダウ日足

図1:NYダウ日足

図1は、NYダウ日足です。

1900年からのチャートを見るとわかりますが、リーマンショック後の2009年以降の上昇局面は、一時的な上げ場面ではなく、以前からの上昇が全体で5波のパターンを作る過程での3波目の上げ局面である可能性があります。

一定の流れができている場合、5つの波のパターンを作るとは限りません。特に、複数年以上の長期のチャートには、なんの関連性もないので、チャートの期間が長ければ、それだけ、基準になる形に意味が薄れます。

その上で、あえて、一定の流れができている場合の5波のパターンを当てはめるとするなら、2009年から始まっている現在の3波は、21927ドル以上を目指す上げ場面だと推測できます。言い換えると、21927ドルを到達した後、いつでも、(リーマンショックの時の下げ場面である)2波と同程度(7729ドル下げ)の4波の下げ場面へ入る可能性があるということです。

Next: 「仕掛けられた動き」としてのリーマンショック。再来の可能性は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい