fbpx

かつての面影なく2部降格決定。東芝はなぜ「大仕手株」になったのか?=山崎和邦

東芝株の活況ぶりに日経新聞(6月16日付)は「短期筋の覚めた思惑が見え隠れしている」と書いた。しかし見え隠れどころではない。あからさまに「仕手株」である。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く2017年6月25日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

東証1部から仕手株に“出世”した東芝は、もはや全くの別銘柄だ

短期筋の玩具

東芝株の連日の活況ぶりには「冷めた思惑」がある。この表現は、日経新聞(6月16日付)の「短期筋の覚めた思惑が見え隠れしている」を引用した。

しかし「見え隠れ」どころではない。あからさまに、昨年末に原発事故をめぐる巨額損失が発覚した同社は、事業売却などの迷走が続いて以降、完全な仕手株である。

半導体部分を2兆円で買い取られる話も出ている。ちなみに筆者が換算すると、2兆円を発行株数で割り算すると、ピッタリ昨年12月の最高株価と同じになる。

また、いまだに正式な決算発表や有価証券報告書の提出の目途が立っていない。

そのような中で、売買主体は「株主責任を問われて株価がゼロになるということはないだろう」とタカをくくっている短期筋だろう。世界的に著名な銘柄だし、流通株数は多いし、格好の仕手株に「出世」した。

「巨額の損失が出る可能性」と発表しただけで、損失の全体像すら見えない。これが猛烈な東芝ラリーの背景となった。

170627yamazaki_2
170627yamazaki_1

かつての東芝とは別の銘柄

お化けは姿を現さないうちが面白いのだ。そして仕手株というものは、あの時はこうだったから今回はこうだろうというようなことは、あまり通じないものだ。つまり、お化けは同じ顔で2度とは出ないのだ。

投資家に説明できないから、東芝株は全部はずした」という投信運用者が筆者の知人にいる。ただし彼も「指数連動ファンドでははずすことができないので、これを持っている」と言う。この指数連動ファンドが全部売りに出た時に、また1つの場面が出てくるだろう。

昨年12月27日にウェスティングハウス(WH)の巨額損失が出た後の東芝は、それ以前の東芝とは別の銘柄だということは本稿で何度も何度も述べた。WH問題後の東芝を仮に「仕手株東芝」と本稿では言おう。

Next: 半年間で全株主が5回入れ替わった計算。東証2部降格で今後の注目点は?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい