fbpx

想定外の株高も? トランプ大統領は吼えるがリスクオンは進む=長谷川雅一

トランプが勝ち選挙後はリスクオンになる――長谷川の予想

外すのを覚悟の上で、大胆に予想します(笑)

まず、大統領選挙ですが、僕は「トランプが勝つ」と予想しています。

アメリカは何かにつけ「革新的」な国です。アメリカ国民は、安定路線の、しかも何かと危なっかしいクリントンではなく、まったく政治家としての経験のない「ど素人」であるトランプ氏に、大統領をやらせてみるのではないか、と考えるのです。

そして、僕の予想通りトランプ大統領誕生となった場合、もちろん一時的にはリスクオフとなりますが、為替レートはそれほど大きく下落せず(円高にならず)、株の下落幅も、それほど大きくならないのではないかと予想しています。

トランプ大統領になった場合、選挙後に失職する恐れはないし、クリントンに比べて大胆な政策が出やすくなります。

まったく新しいタイプの大統領への期待感もあって、選挙後、米経済は上向き、株、為替ともに上昇するのではないか?というのが、僕の予想です(なお、ここで言う「為替の上昇」とは「円安」を意味します)。

株と為替の底値は?

前回の記事で、「日経平均は簡単に1,000円下がる」と書きました。17,500円付近からの調整があれば、16,500円まで下げるのは簡単だ、と。

現在、すでに日経平均は16,850円付近まで下げていますが(225先物の値)、トランプ大統領の誕生となり、マーケットに激震が走った場合、そのタイミングにもよりますが、為替(ドル円)は瞬間的に98円程度まで下落する(円高が進む)可能性がありそうです。

この場合、日経平均は15,500円付近まで下落することになります。暴落時の予想値である16,500円から、さらに1,000円下がる可能性がある、ということです。

Next: 今のドル円は底堅い。1ドル100円割れ、日経16,000円割れは買いだ

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー