fbpx

想定外の株高も? トランプ大統領は吼えるがリスクオンは進む=長谷川雅一

僕は、米大統領選挙でトランプが勝つと予想しています。その場合もちろん一時的にはリスクオフとなりますが、円高・株安はさほど進まず、リスクオンが再開するでしょう。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』長谷川雅一)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

16,000円割れならラッキー? トランプ・ショックの下値メドを予想する

最大の「危険日」は11月9日(水)

日経平均が調整(下落)開始となりました。リスクオフになった原因は、ご存知の通り「米大統領選挙」で、勝利が確実だと思われてたクリントン候補の「メール問題」が再燃し、選挙戦の行方がわからなくなったことです。

前回の記事で、11月1日(火)や11月8日(火)が「暴落の危険日」であると書きました。現在は、このあと、その「11月8日(火)」をはさんで、11月7日(月)~10日(木)のどこかで、株、為替とも、大きく下落する場面がありそうな状況になっています。

最も大きく下落する可能性があるのは、選挙戦の結果が明らかになる9日(水)でしょう。もしも「トランプ勝利」となれば、その瞬間、株、為替とも暴落する可能性大です。

ただ、開票状況によっては11月9日(水)の「場中(午前9時~午後3時)」には、結果が判明しない可能性があります。

その場合は10日(木)に、選挙戦の結果を受けた「暴落」があるかもしれませんが、こうなれば「直撃」は避けられるため、いくぶんマイナスの影響は和らぐでしょう。

12月中旬の「選挙人による投票」で「逆転」も?

今回の米大統領選挙は、とても「入り組んだ」選挙戦になっています。そのため、11月8日の「一般投票(選挙人への投票)」で勝った候補が、12月中旬の「選挙人による投票」で破れる「逆転」があるかもしれない、とも言われています。

つまり、たとえば11月8日に「クリントン勝利」が決まったとしても、12月中旬にトランプが逆転勝利、という「まさかの逆転劇」があり得るということです。

事実、過去にも、こうした「逆転劇」がありました。2000年の米大統領選挙では、一般投票(11月)でゴアが勝利後、選挙人による投票(12月)でブッシュが逆転勝利したのです。

また、今回の米大統領選挙では、FBIによる「メール問題」の捜査の進展しだいでは、クリントン候補が勝利しても、彼女が大統領になれない恐れがあります。あるいは、大統領になった直後に、クリントン大統領が罷免となる(辞めさせられる)可能性もあります。

とにかく、何が起こるかわからない、波乱含みの米大統領選挙になってしまったわけです。で、この選挙、どうなるのでしょうか?そして、株、為替は、どう動くのでしょうか?

Next: 「トランプが選挙に勝ち、その後は円安・株高が再開する」大胆な予想!

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい