fbpx

COMSAが起こす巨大ICOバブル!株から逃げた投資家は暗号通貨で攻めに転じる

ブロックチェーンはウォール街をも脅かす「革命」だ

いっぽうで、COMSAのICOプラットフォームで前述したように、既存の証券取引所に頼らない資金調達法も試行錯誤が重ねられています。

米ナスダックに上場を果たしている米国のオンライン小売事業者、オーバーストック・ドットコム(Overstock.com)は、すでにブロックチェーンを使って、法的に規制されていない私募債の発行から資金の調達を行ってきましたが、さらに広く資金を調達するため、2015年4月、米証券取引委員会(SEC)にブロックチェーンによる公募債の発行について目論見書を提出しました。

オーバーストック・ドットコムは、米証券取引委員会の許認可が得られることを前提に、その2ヵ月後の6月には、ブロックチェーンによるデジタル証券発行に関する公示を行ったのです。

さらに8月には、米ナスダックで行われたプライベートな会議で、暗号証券取引所「tØ.com」の運営に関するプレゼンテーションまで行っているのです。

同時に立ち上げられたtØ.comの公式ホームページには、暗号資産同士の証券トレードシステムに簡単に組み替えることが出来るシステムの構築に尽力していることが明記されています。

同社CEOであるパトリック・バーン氏は、そのときのプレスリリースで「ウォール街に暗号化革命が訪れた」と述べているように、以前から、ウォール街の獰猛な集金システムを強く批判し続けてきた反ウォール街の経営者として知られています。

彼は、ウォール街の支配者たちのことを「自己利益のために多くの企業を破壊している」と、こきおろしています。

彼が目指すのは、「ブロックチェーンによる、企業のための証券市場」です。遅れること半年で、米証券取引委員会が正式にオーバーストック・ドットコムを承認したことは、後の時代になってからウォール街の閑散とした風景を目のあたりにした米国の人々にとって、「あのときが、金融界にとってのエポックであった」と、感慨深げに思い起こす出来事になっているかもしれないのです――
続きはご購読ください。初月無料です<残約5,000文字>

ベンチャーや証券・銀行も協力するNEM(ネム)プロジェクト

三菱東京UFJの「MUFGコイン」もう1つの目的

ロシアがビットコインのマイニングに乗り出した理由


※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年8月10日第218号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した全文やバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】敵の敵は味方。プーチンはなぜ暗号通貨「イーサリアム」支援を表明したのか?

<初月無料購読で今すぐ読める! 8月のバックナンバー>

・10月2日、COMSAのICOトークンは、日本の企業にとって資金調達の黎明となる(8/10)
・ジム・ロジャーズの警告「ソロスのキャッシュ撲滅宣言は超監視社会の訪れを早める」その2(8/4)
・ジム・ロジャーズの警告「ソロスのキャッシュ撲滅宣言は超監視社会の訪れを早める」その1(8/3)

<こちらも必読!月単位で購入できる人気バックナンバー

・8月1日のハードフォーク後に分裂するビットコインとICOの未来(7/27)
・8月1日以降のハードフォーク分裂危機!ビットコインとイーサリアムの違いは その2(7/21)
・8月1日以降のハードフォーク分裂危機!ビットコインとイーサリアムの違いは(7/20)
・火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入(7/13)
・ロックフェラーのID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する(7/6)
・制御できない政府から身を守る最善の方法(6/29)
・プーチンがイーサリアムへの支援を表明した~それは西側の中央銀行への挑戦(6/22)
・すでに始まっている欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告(6/15)
・地下経済に流れ込む闇の金(ゴールド)と忍び足で近づく金融崩壊(その2)(6/10)
・地下経済に流れ込む闇の金(ゴールド)と忍び足で近づく金融崩壊(その1)(6/8)
・「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買っておけ」と言っている(その2)(6/1)
・「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買っておけ」と言っている(その1)(5/30)
・「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」(5/18)
・乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」(その2)(5/11)
・乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」(その1)(5/11)

※7月以前に配信された記事を読むには、8月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。

【関連】ビットコインは「ノアの方舟」なのか? 出口なき緩和マネー大洪水を生き残る術

【関連】「ヘッジファンドのビットコイン買い」と「日銀のETF買い」大相場の予感=江守哲

【関連】「ビットコインは怪しい」と思う日本人が知るべき仮想通貨の未来=俣野成敏

1 2 3 4

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2017年8月10日第218号より一部抜粋、再構成)

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額770円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー