fbpx

遂に始まった「波乱の9月相場」秋の大バーゲンセールを見逃すな=藤井まり子

日本市場はすでにバーゲンセール状態

9月4日の日経平均の終値は、1万9,508.25円。日経新聞の調べでは、この日の予想PERは13.81倍。ですから、日経平均の予想EPSは1,412.6円

日経平均のフェアバリューをPER:14.8倍とすれば、今現在の日経平均のフェアバリューは、ざっくり2万900円あたりです。

つまり、今現在の日経平均はすでに売られ過ぎ、バーゲンセール状態です。

今後、北朝鮮をめぐる地政学的リスクが日に日に高まれば、PERは13.3倍あたりまで低下することも考えられます。ですから、日経平均の下値は、ざっくり1万8,800円あたりでしょう。

1万9,000円前後に足るたびに、買い増していくと良いかもしれません。このあたりの水準が大バーゲンセール状態でしょう。

しかしながら、米朝間の緊張がさらに高まると、偶発的に北朝鮮のミサイルが日本列島に着弾することも、十分に起こりえます。日経平均が1万7,000円台の大台を割り込むこともあり得ます。こうなると、なにもかもが大大大バーゲンセール状態になります。がんばって力を振り絞って、買い増していきましょう。

米政府のシャットダウンリスクは急速に低下

なにやら真っ暗な話になってしまいましたが、暗い話ばかりじゃないです。

今回のハリケーン・ハービーはアメリカ南部を襲い、テキサスを中心に大洪水を引き起こしました。その被害は甚大です。復興支援金は1,900億ドル(およそ20兆円)との試算があるほどです。2005年のハリケーン・カトリーナの復興支援金が1,100億ドル(およそ12兆円!)だったことを考えると、今回の被害の甚大さがご理解いただけると思います。

ハリケーン・ハービーの被害のあまりの甚大さで、アメリカ議会も「上限債務引き上げ」に表立って反対できなくなりつつあるのです。

世の中、何が幸いするかはわかりません。先週までは、「アメリカ議会はバカだから、株式市場が5~10%くらい調整しなければ、債務引き上げで合意できないだろう」と、踏んでいました。今回2017年は、株式市場の調整という「神風」ではなく、ハリケーンという名の「神風」が吹いたわけです。

【関連】中東にミサイル売り込み?危なすぎる北朝鮮の金儲け戦略とセールス術=高島康司

上限債務引き上げで、アメリカ議会が紛糾する危険は急速に低下中です。ほぼ完全雇用状態での「被災地復興救済」の財政出動は、アメリカ国内の賃金を押し上げてインフレを巻き起こしてくれることでしょう。

アメリカ株式市場のリスクは、北朝鮮以外では、だんだん1つに絞れてきた感じがします。それは、9月20日のイエレンFOMCの「バランスシート縮小」着手の発表です。

続きはご購読ください<残約1,500文字>

「ハービーの救済復興資金」は賃金を押し上げてインフレを巻き起こす

ドラギECBとイエレンFOMC~長期金利上昇には要注意


※本記事は有料メルマガ『資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』2017年9月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した内容や当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

メルマガ購読開始で今すぐ読める!9月配信済みバックナンバー

・「波乱の9月」が始まった!(9/5)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

9月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

8月配信分
・シラー博士とシーゲル博士に「ズバリ聞くわよ!!♪」(8/29)
・「根拠無き恐怖」に突き動かされるマーケット!?~それでも、8ー9月はマーケットは調整する!?(8/22)
・次なるリスク:アメリカの「政府機関のシャットダウン」リスク!(8/15)
・【合併号】資本主義最後の「大幅調整」がやって来る?~嵐の前の静けさ(8/8)
・「スーパーゴルディロックス相場」!?♪~目先は「金利急騰リスク」と隣り合わせ?(8/1)

7月配信分
・「日米の政治リスク」いくらなんでもこれ以上の先送りは無理!?(7/25)
・通貨マフィアたちの変質(2)~市場が思っているよりも「タカ派」なイエレンFRB議長(7/18)
・通貨マフィアたちの変質~「バブル容認派」から「バブルは未然に防ぐ派」への大転換(7/11)
・中銀たちと「過剰流動性お化け」の戦いが始まった!(7/4)

6月配信分
・ウルトラ過剰流動性の「正体」~この夏、カギを握るのは、コモディティー価格(6/27)
・アメリカの「ドル国債3ヶ月物」がかなり売られている!~イールドカーブの異常なフラット化(6/20)
・不穏な動きをするCRB指数と原油価格~FAANGバブル崩壊?(6/13)
・NYでは「ヒンデンブルグオーメン」が点灯、復活し始めた「アメリカ長期停滞論」(6/6)

【関連】北朝鮮がFXで大儲け?「将軍直属ディーラー」の噂と金正恩の狙い=今市太郎

【関連】シーゲル博士vsシラー博士~米国株式市場は巨大バブルを形成するのか?=藤井まり子

1 2 3

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記』(2017年9月5日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ − 貞子ちゃんの連れ連れ日記

[月額1,100円(税込)/月 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
10年20年後も、物心ともに豊かに暮らすための「正しい地道な資産形成」について、なるべく専門用語を使わないで話し言葉で解説。一般には敬遠されがちな国際分散投資やマクロ金融の基礎知識が、自然に無理なく身に付きます。ハッピーリタイアを目指すビジネスパーソン、年金生活者やその予備軍の方々のほか、意外や意外、金融のプロの方々にも大変好評です。「沈みゆくタイタニック号・日本経済」の復活は、まずはあなた自身がフィナンシャルフィフリーを手に入れることから始まります。メールでの質問・相談も受けつています。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい