fbpx

カード嫌いの日本人はなぜレジで行列中も「現金払い」に固執するのか?=岩田昭男

「お金のやりとりが目に見えない」から危ない?

この調査から、私のようなことを思っている人が多く、やはりクレジットカードのセキュリティへの不安が異常に強いということがわかります。

クレジットカード払いにすると、お金のやりとりが目に見えないし、どこでどんなリスクにあうか分からないので、少しでも自分で確認できる代引きを選んで現金で払うようにしているのです。カードより現金の方が安心でセキュリティも高いと考えているのです。

たしかに加盟店でカード情報が漏洩したとか、カード番号を盗まれて不正に使われたといった事件がたびたび報道されるので、ネットでカードを利用するのは危ないと皆が思っているようです。

進化してきたカード会社のセキュリティ対策

しかし、実際は現金よりカードのほうがよほど安全であると私は思っています。現金を盗まれるとまるまる損をします、現金を落としたとしても返ってくる可能性は非常に少ないのです。

それに比べるとクレジットカードの場合は、不正に使われたとしてもそれを証明できれば使われた金額はしっかり返ってきます

また、カードの偽造防止の技術もしっかり装備されています。最近はICカードが採用されて、2020年を目処にすべてのクレジットカードにICチップの搭載が義務づけられますので、今後はカード番号を盗んだり、なりすましをすることも難しくなってきます。

さらにネットショッピングではなりすまし防止のために「3Dセキュア」という方法が用いられるようになってきました。

これは、Visa、マスターカード、JCBの国際ブランドが行っているもので、買い物の最終段階であらかじめ決めておいた自分固有のパスワードを打ち込むので、他人の利用を防ぐことができるというものです。

利用するたびにパスワードが変わるワンタイムパスワードという技術も登場し、犯罪防止に役立っています。

このようにカード会社のセキュリティ対応は日増しに高まっていますから、現金が優位という時代ではなくなりつつあります

Next: 購入商品が破損・盗難・水没しても安心な「付帯保険」で安全性アップ

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー