fbpx

自分はどれ向き?「三大家電量販店カード」の賢い選び方&使い方=岩田昭男

家電量販店が発行するクレジットカードはたくさんありますが、あなたに合った1枚はどんなカードでしょうか。量販店の特色を絡めながら考えてみます。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※本記事は、『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』2017年8月16日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。
岩田昭男の上級カード道場:http://iwataworks.jp/archives/12912

【関連】クレカ支払い滞納で「ブラックリスト」に載るとどんな不都合があるのか?=岩田昭男

クレカ研究歴30年の岩田明男氏が、家電量販店カードを徹底比較!

変貌著しい「大手家電量販店」のいま

家電量販店の業界は、2010年から2012年にかけて、薄型テレビが売れすぎた反動で、業績が大きく落ち込みました。最近になってようやく回復傾向を見せていますが、まだ、本格復調には至っていません。

長期不振の原因としては、ネット通販の拡大も挙げられます。とくにAmazonに代表されるインターネット通販が、店舗を持たない強みから低価格と品揃えを武器にして伸びています。こちらの影響も大きいと見られています。

この逆風に対して、ヤマダ電機ビックカメラヨドバシカメラなどの3大家電量販店は、規模の拡大と多角化によって生き残りを図ろうとしています。その結果、家電量販店はその姿を大きく変えました

【2017年 家電量販店 売上高ランキング】

【売上高】( )内は昨年順位
1位(1位):ヤマダ電機・・・・・1兆5630億円
2位(2位):ビックカメラ・・・・・7790億円
3位(4位):ヨドバシカメラ・・・・6796億円
4位(3位):エディオン・・・・・・6744億円
5位(5位):ケーズデンキ・・・・・6581億円
6位(6位):ノジマ・・・・・・・・4320億円
7位(7位):上新電機・・・・・・・3743億円
8位(8位):コジマ・・・・・・・・2262億円
9位(9位):ベスト電器・・・・・・1595億円
10位(10位):キタムラ・・・・・・1413億円
※2017年3月期決算をもとに作成

売上高比較~3強の戦いに

トップと2位については、ヤマダ電機とビックカメラで昨年と変わりません。昨年4位だったヨドバシカメラが3位に浮上、同3位だったエディオンが4位に下がりました。

その他は順位に変動はありませんが、第8位のコジマはビックカメラの傘下に、第9位のベスト電器はヤマダ電機のグループにそれぞれ入りました。

以下に各社の概要をまとめました。

<第1位 ヤマダ電機>

売上高で首位全国最多の928店舗(2016年現在)で展開しています。売り場面積3000平方メートルを超える郊外型店舗から始まって、いまはターミナル型の都心店舗「LABI」を池袋、新宿に出すなど幅広い戦略をとっています。

しかも、新たに住宅事業やリフォーム分野に参入したほか、電力小売事業もスタートさせるなど多角化も積極的ベスト電器を買収して事業規模を拡大しました。

(店舗は全国に広がり、都心・郊外の両方にあるので利用しやすい。また、フロアも広く家族連れで行ってもゆっくり選ぶことができます。)

<第2位 ビックカメラ>

都市型店舗を中心に全国で209店舗(2017年現在)を展開。最近は地方への出店も増えています。繁華街のターミナルに店舗があるために、交通系電子マネーとの相性がよく、それをどう取り込んで使うかがポイントになっています。

また、同業のコジマを買収してグループ傘下に置きました。総合衣料のユニクロとは共同で、新宿に大規模店「ビックロ」を出店し、家電も洋服もなんでも揃う専門店として人気になっています。

(家電製品を買うついでに書籍・雑誌から日用品まで揃うので便利です。)

<第3位 ヨドバシカメラ>

梅田、秋葉原などに巨艦店を出し、収益率の高さでは業界1といわれています。こちらもビックカメラ同様の都市型店舗で全国に約23店舗(2017年現在)あります。また、ネットショッピングの「ヨドバシドットコム」は、配送料無料のサービスが好評で、量販店サイトの中では頭ひとつ抜きん出ました。

(ターミナルに立地する店舗が多いので通いやすいのが特徴。ネット通販だけでなく補償サービスも充実しています。)

このように現在の家電量販店は、規模の巨大化と経営の多角化で、熾烈な競争の中にあります。そうした中で、顧客囲い込みの切り札となっているのが、それぞれが発行している提携クレジットカードなのです。各社とも他店との差別化にこのカードを活用しようとしています。

Next: いまや主戦場は提携カード。各社で共通する囲い込み戦略とは

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい