fbpx

手数料だけじゃない! タクシー運転手がクレカ払いを嫌がる本当の理由

先日Twitterで、あるネットユーザーがタクシーの運転手さんから聞いた「カード決済の手数料8%は運転手個人の負担になる」という衝撃の証言が大きな話題となりました。メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者・吉田武さんは、この件が話題になる前から疑問を抱いていたそうで、その真相を知るべくタクシーの運転手さんを直撃取材。私たちの知らない、タクシー業界の闇とは…!?

※本記事は有料メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』2016年9月21,28号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

タクシー運転手がカード決済手数料を負担!? 真相を直撃取材

「正直クレジットカードは使って欲しくない」の理由

巷で話題のタクシーを利用してクレジットカードで支払いするとその手数料をタクシーの運転手が負担するおかしな謎に少々言及したく、このたび増刊号を発行しました。

インターネットでこの事案は大きく話題になっており、情報も大きく錯綜していましたので、だったら実際にタクシードライバーから直接話を伺おうと思い立ち、普段乗らないタクシーを利用して聞いてきました。私自身、この事案を初めて知ったのは2011年の頃でした。飲みに行った帰り、うっかり現金が小銭500円程度しかなく、自宅そばのコンビニへ到着の際、クレジットカードでの支払いを求めたところ、普段クレジットカード使う乗客がいないため、端末はダッシュボードの中にしまいこんでいることで少々時間がかかると。でも話していると面倒そうな顔もしていたので思い切って、「現金払いが面倒じゃないんですよね?」と伺うと、「クレジットカードの手数料5%は私たち運転手負担なので、正直クレジットカードは使ってほしくない」と言ってきました。結局、コンビニでATMからお金をおろして現金で支払いましたが、タクシー業界の闇を知った気がしたんです。というわけで、現状を知るためにタクシードライバーから根掘り葉掘り伺ってみましょう。

【関連】汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」=三橋貴明

タクシー運転手さんに取材開始

吉田「小岩駅までお願いします」

運転手A「かしこまりました」

吉田「運転手さんにお伺いしたいのですが、支払いはクレジットカードでも大丈夫でしょうか? ダメでしたら現金で支払いますが1,000円ちょっとの距離ですのでお任せしますよ」

運転手A「いや~、すみません。このタクシーはクレジットカード払いには対応してないんですよ。お客さんには現金でのお支払いをお願いできればと」

吉田「わかりました。ところで様々なタクシーが都内では各社より配車されてますが、こちらのタクシー会社は全車クレジットカード払いには対応してないんでしょうか?」

運転手A「え? お客さん何者ですか?」

吉田「実は僕自身、交通ジャーナリストをしているんですが、最近になってインターネットでクレジットカードの手数料が8%を支払っているタクシードライバーがいると聞きまして、現状調査のためにお伺いしているんです。それと匿名にしますが失礼ですが会話の録音もスマートフォンでさせて頂いております」

運転手A「なるほど。じゃあさ、駅まで行ったらクルマの外で話しをしようか?

吉田「いえいえ、お手数かけるのも失礼ですから車内で駅まで向かう道中での質疑応答だけでいいですよ」

運転手A「いや、ルームミラーの上を見てみて。車内の様子を撮影するためのドライブレコーダーが付いているから私が話しをしづらいんでね」

吉田「了解しました。では、駅に到着しましたらお時間頂戴しますがよろしくお願いします」

そして小岩駅南口へ到着し、支払いは1,000円ちょっとだったので、チップ含め2000円を渡してお釣りなしでいいですと。

Next: 「会社がおかしいんだよ…」運転手さんが語ったタクシー会社の闇

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい