fbpx

手数料だけじゃない! タクシー運転手がクレカ払いを嫌がる本当の理由

会社側の怠慢でしかない。会社によっても異なる「運転手の負担額」

運転手A「ドライブレコーダーがないので正直なことを色々話しちゃうとさ、もうね、タクシー会社がおかしいんだよ。そもそも運転手が手数料を負担する行為そのものが会社側の怠慢。乗車運賃の売上だけでは物足りないのか、クレジットカード払いでさ、当初8%負担ってことだったんだよね。ま、クレジットカード使うお客さん少ないからあまり気にしてなかったんだけど、他のタクシー会社は5%が大半だったので組合へ議題として提出したら会社側は8%から5%へ運転手の自己負担額を下げてくれた

吉田「なんだかタクシー会社の闇が深い話ですね」

運転手A「組合から会社へ色々と回答を求めたりしたところ、5%はクレジットカード会社へ支払う金額で残りの3%はタクシー会社が得る金額だったのがわかったんだよ。その3%が理解できないってことで組合側はクレームを入れたんだ。でね、その3%は会社が得るものの端末購入金額へ補填するとの話しだった。それだったら最初から説明しろよって(笑)」

吉田「なんだか後出しジャンケンで理由付けした気もしないでもないですが、端末購入代金に達すれば5%にするとか一番最初に説明するべき話だと思いますけどね」

運転手A「まさにお客さんのおっしゃることが正しい。ですが、他のタクシー会社は運転手負担が3%のところもあれば負担なしで会社が全額負担のところもあるんです」

吉田「つまり3%負担の場合はタクシー会社側が残りの2%を負担してくれるってことなんですよね?」

運転手A「そうです。タクシードライバーは横の繋がりが太いので情報交換して初めて知ったんですが、会社によって運転手の負担額がこんなに違うものかと驚きましたけどね」

吉田給料からその負担額は天引きされるってことなんですよね?」

運転手A「ええ、そうです。長距離乗ったお客さんほどクレジットカードを使う方が多いのでそこから負担額が削られてしまうため、売上が良くなるのは嬉しいんですけど、例えばお客さんから5万円の支払いがあるとします。すると2,500円も運転手側の自腹負担額になる。これは痛いですよ。ちなみに私の車両はクレジットカードの決済端末は積んでないタクシーなんです。うちの会社は車両によって端末を搭載してないのも結構ありますので、私は敢えてクレジットカードでの支払いをパスするべく端末非搭載のタクシーを配車するようお願いしてます

吉田「ドライバー側でクレジットカードの決済端末の有り無しなタクシーを選ぶことは可能なんですね」

運転手A「タクシー会社によって違うと思うけどね。うちの会社は事前に申請しておけば端末のないタクシーを配車してくれるので、私はクレジットカードを使ってもらいたくないので敢えてお願いしているってことなんですよ」

吉田「でも、会社側から売り上げを気にされたりしませんか? やっぱりクレジットカードを使うお客さんは長距離走行を求めると思うんですが……」

運転手A「そうでもないんだよねぇ。ワンメーター距離でも使うお客さんは意外といる。端末引っ張り出して起動させてクレジットカードの決済ができるまで、という時間がかかる流れで対応していたらさ、交通面で問題が起こるってわけ。つまり、タクシーをハザードランプ点けて路上へ停車している時間が長くなる。これってよろしくないと思うんだよ。私たちは速やかに発車させたいので、クレジットカードでの支払いが発生すると1分以内で発車なんてできやしない。私の愚痴になってしまいますが、以前クレジットカード使われた際、確か……1万円ちょっとの運賃だったかな。現金で支払おうとしたお客さんが1万円しかなくって、慌ててクレジットカードを用意し始めた。財布に入ってなかったようで、バッグの別の入れ物から引っ張り出していて時間がドンドンかかっていく。私のほうは心の中で当然早くしろって思うんですけども、取り出してきて端末でクレジットカードを照会したら限度額オーバーとなり使えなかった。別のクレジットカードはありませんか? って聞いたところ普段使わないので自宅に置きっぱなしとのこと。限度額オーバーで使えないクレジットカードがあるくせに何ウソ言ってるんだよって思ってたんですが、どうしようもない八方塞がり。そのお客さんは携帯電話で何やら女性に電話をし始めたんです。会話の中で“1,000円足りないから持ってきてくれよ” “今マンションの目の前で国道沿いの入り口玄関前にタクシーを止めてもらっている”とか言うものの女性側はパジャマ姿で化粧もしてないから自分で部屋まで取りにきてという結果に」

吉田「なんだか愛人宅へタクシーで駆け付けた感ある雰囲気ですねぇ(笑)」

Next: タクシー運転手が手数料よりも気にしていること

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい