fbpx

それはジョブズの夢。日本のスイカが「世界共通乗車券」になる日=岩田昭男

故スティーブ・ジョブズがなかなかApple Payを出さなかったのは、金融の既成勢力に取り込まれるのをいさぎよしとしなかったからだろう。だから、もっと自由で手垢のついていない、それでいて決済の絡む交通乗車券分野に出て行く決心をしたのだ――

Apple Pay(アップルペイ)とSuica(スイカ)についての本を、5月13日に発売します。今回はその中からいくつかの内容をご紹介ましょう。Suicaが世界共通の乗車券となり、電子マネーの頂点に立つ未来を、一足早くご鑑賞ください。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※本記事は、『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』2017年4月15日号の抜粋・再構成です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。

2020年、Suicaは世界共通の乗車券として電子マネーの頂点に立つ

ガラパゴスと言われた「Suica」の復活

そんなの信じられない。最初に聞いた時には、驚きであった。何といっても、Suicaを動かしているFeliCa(フェリカ)という非接触IC規格は、国際標準も取れなかった国内限定規格であったからだ。そんなものを世界で使おうとしても、誰が許してくれるものか。みなが総スカンを決め込むと思っていた。

しかし時代は変わる。ガラパゴスと言われたSuicaが見事に復活して、交通乗車券では世界のトップに立ちつつある。利用できる地域が東日本地域に限定されていたが、その応答速度の早さが評価されて、全国で利用できるようになり、そして、いよいよアップルの助けもあって、全世界で使えるようになりそうなのだ。

それによって、一時停止していた「Suicaの進化」がこれからまた再スタートする。その第1弾が、2020年の東京オリンピックだ。

【関連】就職も結婚もできない「クレジットスコア超格差社会」に突入する日本=岩田昭男

アップルとJR東日本は何を狙っているのか?

30年近くクレジットカード業界をみてきて、ここ1年の変化は凄まじいものがあった。とくにApple Payの日本上陸がささやかれだした昨年夏あたりから急速に雰囲気が変わり、クレジットカード業界では、異文化、異業種との猛烈な激突が起こっている。それに伴い様々な技術革新が行われ、「よりシンプルに」をモットーにした競争が激しくなっている。

執筆中の本書は、このApple PayとSuicaの動きを中心に、アップルとJR東日本が何を狙っているのか、その戦略と試みを様々な角度から探ったものだ。

本書を作るにあたっては、アップルのApple Pay担当の副社長のジェニファー・ヘイニー氏にインタビューしたのをはじめ、JR東日本の関係者複数のカード会社の重役にも聞き取りをした。

さらに、Suica誕生の秘話などは、17年も前の出来事であり、詳しい話を知る人も少なくなっているので、2007年に私が執筆した『Suica一人勝ちの秘密』を参考に、当時の状況と実験の様子を再現した。

また、2015年には、ビューカードの戦略を描いた『挑戦と逆転の切り札』を上梓している。その中で、JR東日本のカードや電子マネー戦略を分析・紹介したが、今回はそちらも執筆に役立てた。

Apple Pay上陸後に、日本のクレジットカード業界が大きく変容しつつあるので、それも同時に走りながらルポして、状況をとらえることに努めた。私のブログ『上級カード道場』でもApple Pay絡みのたくさんの記事を書いたし、Suicaについても様々に語っている。

また、プレジデント誌や他の雑誌に出た記事を手を入れて引用したところもある。その意味では、いま一番新しい、生のApple Pay情報を集めた役に立つ入門書(新書)になったと自負している。

それにしても、争いは凄まじい。次々と姿を変えるSuicaとApple Payは、正解のない世界で、どう優位を保つかに苦心している。そして、ライバルも多い。そうした中で、業界の盟主の座をめぐって決済三国志のような乱戦が起きている。いままさに歴史が作られようとしており、その実感をひしひしと感じる。どうぞ、この本を読んでApple PayとSuicaの可能性を存分に味わってほしい。さあ、アップル劇場の幕があがる。

Next: ジョブズはなぜSuicaを選んだのか?その夢はあと3年で結実する

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい