fbpx

終わるハネムーン相場。2月10日は「株・為替急落」のXデーとなるか?=長谷川雅一

アメリカが目指すは1ドル=105円以下

では、アメリカにとっての「公平な為替水準」とは、いかほどか?僕は「105円以下だ」と考えています。

この水準(105円以下)まで円高が進むと、日本政府は決まって、「為替の急激な変動は好ましくない」などと、文句を言い始めます。円安がいくら急激に進んでも、文句ひとつ言わないのに。(笑)

日本政府が文句を言う1ドル=105円以下の水準は、逆にアメリカにとっては「ありがたい」水準です。

つまり、このあとアメリカが「目指す」為替(米ドル/円)の水準は、ズバリ105円以下だと思うのです。

今後もし、米ドル/円が110円を割り込んで、100円に接近する動きになったら?さすがに日経平均にも影響が及ぶでしょう。積極的に株を買うわけには、いかなくなります。

2月10日が「Xデー」になる?

2月10日に、安倍総理と麻生財務大臣が、トランプ大統領に呼び出されて訪米しますが、そこでいったい何を言われるか?生やさしい話にはならないと思いますが、あなたは、いかが思われますか?

もしも、アメリカがハッキリと、「今の日本の金融政策は、円安誘導だ。為替操作だ」と言って、金融政策の見直しを求めてきたら?

日本は、日銀の国債買い入れも、株式市場への介入も、マイナス金利などの低金利誘導政策も、今まで通りには、できなくなる可能性があります。

そうなったら、現在115円付近にある米ドル/円は、簡単に100円付近まで下落しかねません。さらに、たとえ100円近くまで円高が進んでも、文句も言えなくなる可能性があります。

文句も言えないまま、100円で止まらない円高になったら?それは、まさに「プラザ合意」の再来でしょう。

円高が進んだとき、「1ドル=100円だが、日経平均は22,000円だ」といった状況が、はたして「ありえる」でしょうか?さすがに、それは難しいと思います。

2月10日が「Xデー」にならなければいいのですが。

Next: 可能性は低いが――リスクオン相場が続くための条件とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー