fbpx

2018年の景気・株価サイクルは絶好調! 波動から見る未来予測=菅下清廣

日経平均株価は2万7,000円へ

以上のことから、2018年の日経平均株価もさらに上昇するだろう。

前述の嶋中さんによる直近の予測レポートでは、2018年12月に日経平均株2万7,000円を予測されている。私も株価の波動から見て、早ければ2018年のゴールデンウィークから年央くらいに2万7,000円近辺に迫るだろうと予想している。

しかし、日経平均株価がいくらになるかは、もはやそれほど重要ではない。大事なことは、この上げ相場がいつまで続くか?2018年にどんなセクター、どんな企業に投資すれば富を大きく増やすことが出来るか?

私が一貫して言っていることは、「第4次産業革命」を買う相場が続く

もう1つの投資テーマは、2020年東京オリンピックに向けて訪日観光客による大型の消費、つまりインバウンド関連の企業の株価が上がると予想してきた。まさに、この2つのセクターに関連する中から多数の業績絶好調企業が出てくるだろう。

また、2018年は、嶋中説ではアメリカもゴールデンサイクルの年だそうだ。

ちなみに、中国の易学、道教から派生した国家サイクルの法則“算命学”では、日本国のサイクルは2018年、経済確立期という国家サイクル上昇の波動。ここからも、2018年は投資や事業をする人たちにとってビッグチャンスの年になるものと予測する。

世界を見渡せばまだまだ安心とは言えない。北朝鮮リスク、中東リスク、国際情勢はリスクに満ちているといってもいい。しかし日本国、景気と株価のサイクル・波動の上昇は当分続く

このコラムでも、そのチャンスとリスクを予感するような出来事をできるだけ読者の皆さんにお伝えしてゆきたいと思っている。

最後に、2018年が皆々様にとって幸運な年であることを祈念して、本稿の結びとしたい。


※有料メルマガ『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※1月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

・ビットコインの行方 Part2(12/25)
・食(グルメ)と“運”(12/18)
・ビットコインの行方(12/11)
・新しい富のつくり方(12/4)
・無から有を生む起業家(アントレプレナー)たち(11/27)
・投資研究会のH氏(11/20)
・投資家必読の9冊(11/13)
・波動から見る未来予測(11/6)

【関連】2018年の日経平均は明確な戻り高値確認後、当面浮上できない可能性あり=伊藤智洋

【関連】2018年夏上陸「日本版グラミン銀行」はサラ金とこの国の貧困に勝てるか?=田中優

【関連】2018年はお金が貯まる!敏腕FPが教える「すごい貯金」と人生を変える習慣=俣野成敏

1 2

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年1月4日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

菅下清廣の”波動からみる未来予測”

[月額1,650円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
経済の千里眼、菅下清廣が、波動理論を元に、世界で起きる出来事の未来予測をしていきます。1 注目のニュース・記事2 注目の人物3 注目の本、雑誌4 注目の映画、テレビ番組5 注目のお店、レストラン6 注目の企業、会社7 注目の波動(波)、サイクル

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい