fbpx

シャープから技術者流出の危機!ってことはライバル会社に注目

一見企業に関係ないニュースでも、「風吹けば桶屋が儲かる」なんて言葉があるように、必ずその出来事に関連した会社が注目を浴びるもの。ということで、ここでは毎回1つのニュースをピックアップ。それに関連する注目の上場企業を紹介します!

シャープの一般社員、基本給1~2%削減へ

arrow_u

 家電業界のライバル会社に注目

シャープは、経営再建のひとつとして一般社員の基本給を1~2%削減することを労働組合に申し入れた、と報道されました。今年冬の賞与も昨年の半分にするなど、社員にとって非常に厳しい内容となっています。こうなるとシャープの優秀な技術者が流出することは避けられないのではないでしょうか。

そこで今回注目したのは、家電業界のライバル会社たちです。大手はもちろん優秀な人材を逃すことはしないでしょう。日立製作所<6501>、三菱電機<6503>は人材を狙いに行くかもしれません。

ただ大手と言えど、ソニー<6758>、パナソニック<6752>は元気がなく、東芝<6502>に至っては粉飾決済の最中ということもあり表立った動きはしにくいのが現状。

最近ではアイリスオーヤマなど、家電事業に力を入れ始めている企業が出始めています。そのため、上場企業では、扇風機などオリジナル製品を販売しているヤマダ電機<9831>、ロボット掃除機などを発売している株式会社シー・シー・ピーに出資しているバンダイのグループであるバンダイナムコホールディングス<7832>なども注目ですね。

さらに家電の中の部品を手がける企業にも注目。ルネサスエレクトロニクス<6723>、サンケン電気<6707>、岡谷電機産業<6926>、新電元工業<6844>、エルナー<6972>、図研エルミック<4770>なども、良い技術者が入り製品開発の運びとなれば、大いに盛り上がることでしょう。

無料メルマガ好評配信中

株のまぐまぐ!for Beginners

[無料 毎週日曜日]
ニュースでよく聞く注目ワードや人に聞くのはちょっと恥ずかしいビギナーならではの疑問をわかりやすく解説。これから株式投資を始めたいという人はぜひ読んでみてください。

ご購読はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー