fbpx

それって血税。内閣官房機密費という裏ガネは本当に必要なのか?

官房機密費は官邸利権の温存か

野中氏は「世論操作のため複数の政治評論家にカネをばらまいた」とも証言した。

前の官房長官から引き継いだノートに、政治評論家も含め、ここにはこれだけ持って行けと書いてあった。持って行って断られたのは、田原総一朗さんただ1人

政治家から評論家になった人が、「家を新築したから3,000万円、祝いをくれ」と小渕総理に電話してきたこともあった

配った本人が言っているいるのだから、間違いない。ペンや輪転機や電波をバックに金品をたかるなど、ジャーナリストの風上にも置けない。いまの安倍官邸を取り巻く御用ジャーナリストたちはどうなのだろうか。

野中氏は官房機密費の実態を暴露したさい、「国民の税金だから、政権交代を機に改めて議論し、官房機密費を無くしてもらいたい」と、証言にもっともらしい理由をつけた。むろん、年間十数億円もの資金を封じ込める圧力を新米の民主党政権にかけた感もあった。

だがその意図はどうであれ、官房機密費そのものに疑念を生じさせる証言だったのは確かだ。

官房長官からもらうカネほど安心して受け取れるものはない。暗黙のうちに機密費から出ていると思えば、それを政治資金だろうと愛人だろうと遊興費だろうと、何に使っても誰にも咎められることはない。まさにブラックボックスのカネの出入り。絶対に表に出ない裏金である。

野中氏が「官房機密費を無くしてもらいたい」と先手を打ったために、鳩山政権の官房長官、平野博文官房長官は「そんなものがあるんですか」と空とぼけた。その後の会見で平野氏は「内閣・政府にとって重要な情報収集に対する対価であり、オープンにしていくことは考えていない」と建前論をぶって非開示を継続し、いまに至っている。

「情報収集の対価として支払う」というが、そんなことが毎月1億円を使わねばならないほどあるとは思えない。事実、他の目的でカネが配られていることをかつての官房長官が証言しているのである。

月に1億円ものカネを自由に使えるとなれば、使途公開という縛りはかけられたくないだろう。だが、「そもそも論」として、官房機密費が必要なのかどうかを考えてみなければなるまい。実態と建て前がかけ離れたものに予算をつけるのは、官邸利権の温存に過ぎないのではないか。

市民団体「政治資金オンブズマン」のメンバーは裁判所の判決が出た直後、内閣官房に出向き「開示決定をせよ」との要請文を手渡そうとしたが、拒否されたという。「よほど公開が嫌なのだろう」と、メンバーの一人は言った。モリ・カケ疑惑もそうだが、官邸の深い闇からは血税を吸う、どんな怪物が飛び出してくるかわからない。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・詩織さんレイプ事件にマスコミはいつまで沈黙を続けるのか(2/8)
・自公体制をつくった野中広務氏の権謀術数(2/1)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※2月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

1月配信分
・内閣官房機密費というマル秘資金はほんとうに必要なのか(1/25)
・原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる(1/18)
・日本政府の保証までつけ英国原発建設にオールジャパンで取り組む理由(1/11)
・柏崎刈羽原発再稼働は愚の骨頂、原発ゼロ・再エネ重視へ政策転換を(1/4)

12月配信分
・2018年度税収の過大見込みとGDP粉飾(12/28)
・スパコン社長逮捕を入り口に特捜は政官界に切り込めるのか(12/21)
・“アベ友”記者への逮捕状不執行を説明せぬ当局、報じぬメディア(12/14)
・天皇退位をめぐる官邸の無理解(12/7)

11月配信分
・会計検査院報告の逆利用を企む安倍政権の国会戦術(11/30)
・結論ありきの答申、認可で加計・獣医学部開学へ(11/16)
・ロシア疑惑渦中のトランプ大統領を迎えた安倍首相の奇妙なはしゃぎよう(11/9)
・当選者の顔ぶれから見える希望の党の未来(11/2)


※本記事は有料メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』2018年1月25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】黒田続投というマンネリを世界は許すのか? 変化するFRBと取り残される日銀=近藤駿介

【関連】ビットコイン「ガチホ時代の終焉」と計画的急落。株式市場の連鎖崩壊は起こるか?

【関連】共謀より悪質な単独蛮行「安倍御用記者」レイプ疑惑はなぜ揉み消されたのか?=新恭

【関連】政府も後押し!本気で儲けに行く「サラリーマンの副業」入門以前=俣野成敏

1 2 3 4

国家権力&メディア一刀両断』(2018年1月25日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

国家権力&メディア一刀両断

[月額864円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月3/4回(最終2017/02/16)]
記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい