fbpx

ペトロを追って谷底へ。国家発行の仮想通貨は必ず大暴落へ向かう=高城剛

あらゆる国々が「仮想通貨」発行へ向かう

今回の試みで面白いのは、「ブロックチェーン」には、大きく分けると「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」があり、ビットコインなどが前者であるのに対し、「ペトロ」は後者にあたり、極めて恣意的な仮想通貨を実験的に発行した点にあります。

国家が発行する仮想通貨は、法定通貨や国有財産を担保にプライベート型のブロックチェーンで管理するもので、僕はベネズエラに限らず、デフォルト(債務不履行)に陥る可能性や財政の行き詰まりが高くなればあらゆる国々が今後プライベート型の仮想通貨を発行すると考えています。

時間はもう少しかかるのでしょうが、そのひとつが日本で検討されている政府紙幣の発行ではないかと睨んでいるほどです。

今後、ベネズエラは、金を裏付けとする仮想通貨「ペトロ・ゴールド」を導入すると発表しています。

また、トルコとイランも仮想通貨発行の検討を公にしています。

時代は、いよいよ官製仮想通貨の時代に突入したわけですが、それは同時に、世界的に経済が大揺れになる時が、本気で近づいてきた証でもあります。

仮想通貨は、たとえ国家が発行しても必ず大きく暴落するでしょう。

なにしろ、最後の苦肉の策で、もう後がないことがバレてしまっているからです。

image by:Wikimedia Commons

※本記事は有料メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』2018年3月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】東京から始まる貧困化。ファーストフードの乱立が示す日本経済の暗い未来=児島康孝

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2018年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

高城未来研究所「Future Report」Vol.355(4/6)
1. 近況:今週は、京都にいます
2. 世界の俯瞰図:気候変動~米国とメキシコの国境に「壁」ができたワケ
3. デュアルライフ、ハイパーノマドのススメ:CASE88 第2回 フランス「リヨン」
4. 「病」との対話:韓国の美容整形事情
5. 身体と意識:Vol.170 デポルターレクラブ パーソナルトレーナー 花澤清隆(4)
6. Q&Aコーナー:家庭用本格エスプレッソマシンのおすすめは? ほか
7. 連載のお知らせ

【関連】またも盗まれた暗号通貨。仮想でも紙幣でも、一番のリスクは自分自身=俣野成敏

【関連】【高城剛×三宅洋平】2040年代に世界は激変し日本が世界を牽引する?

【関連】ターゲットは日本企業。身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」の脅威とは=高城剛

1 2

高城未来研究所「Future Report」』(2018年3月2日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高城未来研究所「Future Report」

[月額880円(税込) 毎週金曜日(年末年始を除く)]
高城未来研究所は、近未来を読み解く総合研究所です。実際に海外を飛び回って現場を見てまわる僕を中心に、世界情勢や経済だけではなく、移住や海外就職のプロフェッショナルなど、多岐にわたる多くの研究員が、企業と個人を顧客に未来を個別にコンサルティングをしていきます。毎週お届けするメルマガ「FutureReport」は、この研究所の定期レポートで、今後世界はどのように変わっていくのか、そして、何に気をつけ、何をしなくてはいけないのか、をマスでは発言できない私見と俯瞰的視座をあわせてお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー