fbpx

北朝鮮の巧みな罠。「核実験凍結」で日本が見落としていること=江守哲

北朝鮮が「核実験凍結」を表明しましたが、世界の反応は様々です。日本が見落としていること、続く南北・米朝会談の焦点などから今後の経済動向を読み解きます。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2018年4月23日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

続く米朝・南北首脳会談の焦点は? 報道されない米朝韓の思惑

北朝鮮「核実験凍結」の狙いは

米国株はまだまだ上値が重いですね。今後にビッグイベントが控えているため、ある程度は仕方がないかもしれません。そのイベントが米朝首脳会談であることは、言うまでもありません。

さて、週末に大きなニュースが飛び込んできました。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が20日の朝鮮労働党中央委員会総会で、核実験と弾道ミサイル(ICMB)の発射中止を表明しました。

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩委員長が党中央委員会第7基第3回総会で行った新たな戦略的路線に関する報告の要旨は次の通りです。

  • 昨年11月に国家核戦力完成を宣布した後、われわれの主動的な行動と努力によって全般的情勢がわが革命に有利に急転している。朝鮮半島と地域で緊張緩和と平和に向かう新気流が形成され、国際政治構図で劇的な変化が起きている
  • 国家核戦力の建設という歴史的大業を5年という短期間に完璧に達成した奇跡的勝利は、並進路線の偉大な勝利だ
  • 核の兵器化の完結が検証された状況で、もはやわれわれにいかなる核実験や中長距離ミサイル、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射も必要なくなり、北部核実験場もその使命を終えた
  • 人類の共通の念願と志向に合致して、核兵器のない世界の建設に積極的に寄与しようとするのはわが党の平和愛好的立場である
  • わが国が世界的な政治・思想強国、軍事強国の地位に立った現時点で社会主義経済建設に総力を集中すること、これがわが党の戦略的路線だ
  • 人民経済の主体化、現代化、情報化、科学化を高い水準で実現し、全人民に他人をうらやむことのない豊かで文化的な生活を与える

このような決定を行った背景には、南北、米朝と続く首脳会談を控え、国際社会への融和姿勢を演出する狙いがあるとみられています。

発表されていない重要情報

しかし、上記の内容でも明らかなように、保有しているとみられる核兵器の放棄には踏み込んでいません

そして、発表されていない決定内容の中に「核武器の兵器への転用」が含まれています。これはきわめて大きなポイントで、マスコミにも出ていない重要情報です(海外に通じている私の独自ルートの情報です。日本政府も知らない可能性があります)。

また、今回の決定内容には、朝鮮統一に向けた考え方も、議事録に明記されました。当メルマガの読者は、日本政府も知らない可能性がある、きわめて重要な情報を目にしているわけです。これが、今回の北朝鮮の会議で決定された、最も重要なポイントです。

Next: 北朝鮮の態度に劇的な変化も? 米朝首脳会談の議題はどうなる

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい