fbpx

GW前後に待つ波乱、ドル円は節目を越えられるか~各通貨ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ユーロ/円(EUR/JPY)流れが変わるか

180424Pentagon_eurjpy

先週のレポートでは、ACラインに注目した。右肩上がりのACラインに沿って推移していたことから、このまま堅調な展開が続くのであればACラインに絡んだ動きが期待されたからだ。実際には、週初こそACラインに沿って推移していたのだが、週末にかけてACラインから少し下放れてきた。次の注目日は5月2日前後である。

A点水準:約130円75銭
B点水準:約128円
C点水準:約135円25銭

今週のポイントは、流れが変わり、上値が重たくなっていくのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯に到達した。したがって、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの上昇局面である。下値の第1メドとしては131 円前後を考えたい。上昇トレンドに転換する価格のポイントは赤丸水準の133円50銭を終値で超えることだ。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。売りポジションへの変更は、132円を終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
堅調な展開が続く可能性はある。下値支持線BCラインが控えている。また、A点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯以降も上昇が続いているからである。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開に移行する可能性も残っている。右肩上がりのACラインに沿って推移していたのだが、そのACラインから下放れてきている。また、B点が位置する時間帯が変化日となり、流れが変わる可能性もあるからだ。

豪ドル/円(AUD/JPY)節目を越えられない

180424Pentagon_audjpy

先週のレポートでは、ADラインに注目した。節目の水準にあたるADラインを超えることが出来るのか否かがポイントになったからだ。実際には、ADラインを超えることが出来ず、下値支持線BDラインをも割り込んできている。注目日は4月23日前後である。

A点水準:約84円50銭
B点水準:約79円50銭

今週のポイントは、このまま節目を越えることは出来ず、上値の重たい展開になるのかということである。

<あくまでも個人的見解>
D点に注目したい。週明けにD点が位置する時間帯を通過する。したがって、D点が位置する時間帯が変化日となり新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの下落局面である。下値の第1メドとしては82円前後を考えたい。上昇トレンドに転換する価格のポイントは赤丸水準の85円50銭を終値で超えることだ。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、売りポジションに転換した。買いポジションへの変更は、83円45銭を終値で超えることである。

<現在のシナリオ>
上値の重たい展開が鮮明になる可能性がある。節目水準のADラインが上値抵抗線となり、越えることは出来なかった。また、下値支持線として期待されていたBDラインをも割り込んできた。そして、上値抵抗線DEラインも控えているからである。

<第2シナリオ>
下げ止まりから、堅調な展開に戻る可能性も残っている。CDラインが下値支持線になることが考えられる。また、D点が位置する時間帯が変化日となり、下げ止まることも期待できるからだ。

Next: 英ポンド/円(GBP/JPY)上値を抑えられる

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー