fbpx

GW前後に待つ波乱、ドル円は節目を越えられるか~各通貨ペンタゴンチャート分析=川口一晃

英ポンド/円(GBP/JPY)上値を抑えられる

180424Pentagon_pondjpy

先週のレポートでは、ADラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば上値抵抗線として控えていたADラインを超えていくことが求められたからだ。実際には、ADラインに到達すると同時にADラインに沿って値を下げてきた。次の注目日は5月1日前後である。

A点水準:約159円
B点水準:約148円

今週のポイントは、上値の重たい展開が鮮明になっていくのかということである。

<あくまでも個人的見解>
C点に注目したい。先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、C点が位置する時間帯が変化日となり、新しい流れが出るのか否かがポイントになるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの下落局面である。下値のメドとしては149円前後を考えたい。下落トレンドに転換する価格のポイントは赤丸水準の149円を終値で割り込むことだ。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、売りポジションに転換した。買いポジションへの変更は、152円50銭を終値で越えることである。

<現在のシナリオ>
上値の重たい展開が続く可能性がある。上値抵抗線CDラインが控えている。右肩下がりのADラインに到達すると同時にADラインに沿って推移をしている。しかも、先々週の変化日以降より値を下げてきているからである。

<第2シナリオ>
下げ止まりから再び堅調な展開に移行する可能性はある。下値支持線BDラインが存在している。また、上値抵抗線ADラインを超える場面もあったからである。

スイスフラン円

ビットコイン(4月18日付)

続きを読むには2018年4月中にご購読ください。


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2018年4月22日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛したビットコインの展望もすぐ読めます。

【関連】北朝鮮の「非核化」で泣くのは日本政府と自民党。なぜ金正恩は折れたのか?

【関連】仮想通貨は死なない。ブロックチェーン技術に注目してわかった次の有望コイン=高島康司

【関連】現実味を帯びてきた安倍政権の退陣。アベノミクス終焉がもたらす皮肉な経済成長=斎藤満

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2018年4月22日号)より

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

[月額10,780円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円などを話題のペンタゴンチャートで毎週分析します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー