高年収男は誰を選ぶか?「玉の輿」婚活にこだわる女性に伝えたい、幸せのカタチ=午堂登紀雄

30代後半の婚活中女性の中にも、相手に何が何でも高年収を求める人は少なくないようです。希望が叶いやすい戦略もありますが、それで幸せになれるでしょうか?(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)

※本記事は有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』2018年5月28日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお)
米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。

高年収以外に何も望まないなら相手はいる。しかしそれで幸せか?

「何が何でも高年収」を期待する未婚女性

妻が婚活系の仕事を始めてから、「こういうお客さんがいたんだけど、男性からするとどう思う?」と私にも意見を求められることが増えました。

たとえば先日聞いた話では、30代半ば以降の婚活中女性の中にも、相手に何が何でも高年収を求める人は少なくないようで、結婚できなくて悩み相談に来るという。

聞く限り、「39歳。いい人なんだけど、特にこれといった特徴はない。年収高いのが望みだけど、ことごとく断られている」女性だそうな。

ううむ…。妻には私なりの考えを伝えました。ざっとこんな感じです。

男性目線でのアドバイス

高年収で魅力的な男性は、相手をよりどりみどりなので、同じ選ぶならやはり若くてきれいで聡明な女性を選ぶんじゃないか。

特に実業家であれば、跡取りという問題が念頭にあるため、出産適齢期を外れた女性は、よほどの魅力がなければ避けるんじゃないか。

これは差別というより、生物としての本能だから仕方がない。美人モデルや美女アイドルが、より人気が高いからといって差別とは言わないし。むしろそれに「そんなのおかしい」などと憤慨するようであれば、婚活市場では非常に厳しいのではないか。

自分に相手を選ぶ権利があるように、相手にも選ぶ権利がある。その基準は人によって異なり、おかしいと言ったとしてもどうしようもない。

しかしそれでも、もし性格よりも年収を重視ということなら、方法はある。

「結婚相談所」は使える

それは、結婚相談所に登録すること。そこには、高年収独身の男性がちらほら存在する。

では、なぜそこにいるかというと、コミュ障であったり自分勝手とか性格が変わっているなど、まともな女性から敬遠されてきた人物だから。

つまり、一般市場では女性と付き合ってもらえない、自分の力で出会いの場をつくれない、誰かに助けてもらわなければ結婚できないという、結構ヤバ目の男性が売れ残っているわけである。

というのも、出会いを求めるのであれば、何も高額な結婚相談所でなくても、もっと安価でもっと会員数の多い、たとえばペアーズなどネット婚活サイトを使って自分で活動できるはずが、それもできない(あるいはそれでも成婚に至らない)人だから。

そして、上記のような男性は断られ続けてきて焦りもあるだろうから、こちらがOKすれば成婚できる可能性はある。

いずれにせよ、30代後半以降の女性が高年収男性を狙うということは、そういう人を選ぶしかない。

でもそれって、本当に幸せな結婚になるのかどうか

もちろん、年齢や容姿に不利な条件であったとしても、補って余りある魅力を持つのであれば問題ないと思うけど、それならとっくに結婚できているはずだ。

Next: 高年収でさえあれば幸せになれるのか? 見落とせない視点とは

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい