fbpx

日経平均は踏み止まれるか。上値メドは23,000円~株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ナスダック 節目を越えるか

180529pentagon_NASDAQ

先週のレポートでは、CEラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、右肩上がりのCEラインを維持することが求められたからだ。実際には、CEラインを割り込む場面もあったのだが、CEラインに絡みながら推移し、先週末にはCEラインの上方で取引を終えている。
次の注目日は6月4日前後である。

今週のポイントは、節目を越えて行くことができるのか否かということである。

<あくまでも個人的見解>
BEラインに注目したい。p点を見てもわかるように、BEライン水準はナスダックの節目の水準となっている。したがって、堅調な展開が続くのであれば、BEラインを超えていくことが求められるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
上昇トレンドの上昇局面。上値の第1メドとして7500ポイント前後を考えたい。下落トレンドに転換する価格のポイントは赤丸水準の7150ポイントを終値で割り込むことである。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、7300ポイントを終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
堅調な展開が続く可能性はある。下値支持線CEラインに沿って推移をしている。また、CEラインを割り込んでも、真下にはDEラインが下値支持線として接近している。そして、D点が位置する時間帯を通過した後も堅調に推移しているからである。

<第2シナリオ>
上値が重たくなる可能性も出てきた。上値抵抗線BEラインが存在している。また、BEラインを超えても、すぐ真上にはAEラインが上値抵抗線として控えているからである。
続きはご購読ください。初月無料です

今週の個別銘柄分析

今週のNY金

今週のビットコイン

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年5月27日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛した金・ビットコイン・個別銘柄の展望もすぐ読めます。

【関連】日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている=斎藤満

【関連】日本人のビール離れが止まらない。大手4社の「生き残り」対策に明暗=栫井駿介

【関連】バフェットは何を犠牲に成功した? 凡人がマネして億万長者になる方法(後編)=俣野成敏

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』(2018年5月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<株式編>

[月額2,200円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
株式指標・個別銘柄について今話題のペンタゴンチャートで週1回分析します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー