fbpx

日経平均は踏み止まれるか。上値メドは23,000円~株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ニューヨーク・ダウ 上値を抑えられる

180529pentagon_nydow

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、上値抵抗線として存在しているACラインを超えていくことが求められたからだ。実際には、ABラインは超えたものの、ACラインを超えることはできず、ABラインに沿って下落をしている。
次の注目日は6月1日前後である。

A点水準:約25,500ドル
B点水準:約24,400ドル
C点水準:約24,800ドル

今週のポイントは、上値の重たい展開が続くのかということである。

<あくまでも個人的見解>
B点に注目したい。先週末にB点が位置する時間帯を通過した。したがって、B点が位置する時間帯が変化日となり流れが変わるのか否かがポイントになるからだ。

<トレンドのポイント(長期)>
下落トレンドの上昇局面である。下値のメドとしては24,000ドル前後を考えたい。上昇トレンドに転換する価格のポイントは赤丸水準の25,500ドルを終値で超えることだ。

<あくまで参考売買ポジション(短期)>
現在は、買いポジション。
売りポジションへの変更は、24,600ドルを終値で割り込むことである。

<現在のシナリオ>
底堅い動きになる可能性はある。下値支持線BCラインが存在している。B点が位置する時間帯にかけて下ヒゲの長いローソク足が出現している。上値抵抗線として存在していたABラインを超えてきているからである。

<第2シナリオ>
上値の重たい展開が鮮明になる可能性も残っている。上値抵抗線ACラインが控えている。B点が位置する時間帯を通過した後も陰線が続いているからである。

Next: ナスダック 節目を越えるか~米国市場分析

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー